cat.name

日経産業新聞(2015年10月27日付)に弊社紹介記事「メーカ期限切れに対応 保守対象機器広げる データライブ」が掲載されました。データライブのネットワーク機器保守サービスについて紹介されています。


日経産業新聞(10月27日付)に弊社紹介記事「メーカ期限切れに対応 保守対象機器広げる データライブ」掲載

日経産業新聞(2015年10月27日付)での「メーカ期限切れに対応 保守対象機器広げる データライブ」では、サーバの第三者保守サービスを手がけてきたデータライブが、ネットワーク機器にサービス対象を広げ、スイッチやルーターなどに対して保守サービスを本格展開する件について紹介されています。

 

標準的な保守メニューに加え、故障時において迅速な復旧が必要とされるネットワーク機器に対し、「代替機を現地配備することで待ち時間を最小限にするサービス」(サイトスペアパーツオプションサービス)や「エンジニアがコンフィグ設定を現地で行うサービス」(現地コンフィグ設定サービス)もご提供を開始します。詳細につきましては日経産業新聞本紙をご参照ください。

 

■サービス詳細

http://www.datalive.co.jp/solution/eosl_cisco_catalyst_router_support.html

 

【 会社概要 】

社名:データライブ株式会社 DATALIVE CORPORATION

代表取締役:山田 和人

本社所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷2-38-4 弓町ビル1、2F

主な事業内容:

コンピュータシステムの保守メンテナンス事業

リマーケティング事業(古物商免許 東京都 第301030607156)

リユース(中古再生)サーバの販売・買取

システムインテグレーション事業

認証: ISO9001:2008(QMS)・ISO27001:2013(ISMS)認証取得

加盟団体:ASCDI(Association of Service and Computer Dealers Ingternational)

 

【 Webサイト 】

コーポレイトサイト: http://www.datalive.co.jp/

English Website: http://www.datalive-server.com/

オンラインショッピングサイト:

ReuseServer.net http://www.reuseserver.net/

ReuseNetwork.net http://www.reuse-network.net/

ハードウェア買取: http://www.reuseserver.net/hpgen/HPB/entries/26.html

第三者保守導入事例: http://datalive-server.com/eosl_eol_maintenance/



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:データライブ株式会社
担当者名:阿部英明
TEL:03-5684-5412
Email:reuse@datalive.co.jp


データライブ株式会社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。