cat.name

岡山県倉敷市にある有限会社くまは、江戸時代に建てられた町家や古民家を改装し、町家カフェを営んでいます。今回、ファンドの資金を使い、新たに同地区の古民家である商家「旧原田邸」を改装し、菓子工房に生まれ変わらせます。


倉敷の古民家をお菓子工房に生まれ変わらせる『古民家のお菓子ファンド 』が募集開始しました

有限会社有限会社くま(代表取締役:辻 信行、倉敷市)は、音楽ファンドやセキュリテ被災地応援ファンドなどのマイクロ投資の組成・販売を行うミュージックセキュリティーズ株式会社(代表取締役:小松真実、東京都千代田区、以下MS社)と連携し、「古民家のお菓子ファンド」を募集開始しました。MS社は今年度、岡山県及び岡山県中小企業団体中央会が実施する「岡山ふるさと投資応援事業」のファンド運営を受託しております。今回ファンドの資金を使い、新たに倉敷地区の古民家である商家「旧原田邸」を改装し、菓子工房に生まれ変わらせます。投資家特典として、1口につき、ジャムと焼き菓子の詰合せセット及び甘酒・ピクルス・ジャムの詰合せセット(合計送料込6,500円相当)をお送りします。

 

倉敷に年間6万人が訪れる人気の町カフェをプロデュース

有限会社くまがプロデュースしている岡山県倉敷市の美観地区にある「三宅商店」は、2004年のオープン以来、年間約6万人が訪れる人気の町カフェです。元々「三宅商店」は江戸時代後期に建てられた町家で、戦前は日用雑貨・荒物屋として営まれていましたが、現代に入り空き家となってしまっていました。有限会社くまの代表である辻氏は、元々は小学校の教師でしたが、学区で出会った地域の宝を大切に次世代につなぐという想いで有限会社くまを設立し、空き家になっていた「三宅商店」を改装し、現代に蘇らせました。

 

「旧原田邸」を改装し、岡山県産の桃を使用したお菓子工房に

有限会社くまでは、「三宅商店」と同じように町家や古民家を再生した飲食店を合計3店運営しています。それぞれの飲食店のパフェやケーキのトッピングで使用しているジャムを商品化し、「三宅商店カフェ工房」ブランドとして各店舗とオンラインストアで販売しています。地元の食材にこだわったオリジナル商品は高い評価を受け、有名食料品店はもちろんのこと、有名ファッション雑貨店でも取り扱われています。そして、今回のプロジェクトでは「旧原田邸」を改装し菓子工房に生まれ変わらせます。これまで食べられるにも関わらず捨てられていた摘果桃を使い、ピクルスやジャム、ゼリー等、を製造し販売していき売上の増加を目指します。

 

出資者には事業の進捗と売上報告を行い、売上に応じて分配金がもらえます

出資者は事業者と匿名組合契約を締結し、ファンド対象事業の売上から分配金が支払われます。

事業の進捗状況と売上情報をWEB上で共有できます。

 

岡山県事業のファンド。クラウドファンディングを活用して全国から資金と応援者を集めます

本ファンドは、「岡山ふるさと投資応援事業」のファンドとなります。全国の個人投資家から出資を募り、

資金調達と販路開拓につなげるふるさと投資の仕組みを活用しています。

岡山県は内閣府地方創生推進室の「ふるさと投資」連絡会議の構成員でもあります。

 

魅力的な投資家特典

1口につき、以下の2つセットを期間中にお送りします。

●ジャムと焼き菓子の詰合せセット(送料込み3,000円相当)

●甘酒・ピクルス・ジャムの詰合せセット(送料込み3,500円相当)

 

【古民家のお菓子工房ファンドの詳細はこちらから】

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid;=1366



ミュージックセキュリティーズ株式会社西日本支社
担当/周(チュウ) TEL:06-6485-7397


ミュージックセキュリティーズ株式会社西日本支社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。