cat.name

天津危険化学品事故の影響と危険化学品目録実施指南への対応について  今回のセミナーでは、中国における危険化学品への実務対応として、危険化学品の該非判定、物理危険性鑑定、SDS&ラベルへの適用などに重みをおき、ケーススタディを踏まえ、解説します。


天津危険化学品事故の影響と危険化学品目録実施指南への対応セミナー 10/22(水)[東京]

天津危険化学品事故の影響と危険化学品目録実施指南への対応について解説します。

 

天津港危険化学品事故以来、弊社には多くの中国輸入危険化学品に関する相談がありました。

その相談の大部分が、今、中国の現地における危険化学品の対応の変化と潜在するリスクに関するものでした。

 

現在においても混乱状況は続いており、日本企業にとって、必須対応、法規制の最新動向、当局の通知などが把握困難となっております。

このような状況下では実務における潜在するリスクを把握し、予防措置を講じることは極めて難しいところと思います。

 

そこで、弊社ではこれまでの豊富な実務経験とネットワークを通じて得られた情報に基き、天津事故後の中国における化学品の通関、輸送、保管、各種許認可取得、取り締まりなどを法規と実務の両面より解析しました。

また、2015年9月2日に公表された「危険化学品目録(2015年版)実施指南(試行)」では、以前から言われていた中国のGHS分類結果が明らかになりました。

 

今回のセミナーでは中国における危険化学品への実務対応として、危険化学品の該非判定、物理危険性の鑑定、SDS&ラベルへの適用などに重みをおき、ケーススタディを踏まえ、詳しく説明致します。

 

なお、今回のセミナー内容につきましては、同業者の方にはお断り申し上げます。

 

日 時: 2015年10月22日(木) 13:30-16:30 (開場 13:00)

場 所: 連合会館 402会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)

 

要 旨

1. 天津港化学品倉庫爆発事故の影響について

2. 危険化学品目録実施指南の解説

3. 日本企業の実務対応について

4. 質疑応答

※内容は、状況に応じて調整、変更の可能性がありますので、ご了承ください。

 

講 師: 陳梅官 / ハニカム・テクノリサーチ(株) 代表取締役社長兼CEO ほか、

弊社コンサルティングサービス部専門員

 

受講料: 1名につき20000円(消費税別、資料代・お茶代込)

*ケミスパート会員に登録していただくと、お得な会員価格【無料会員は3000円引き(登録日より年間3回まで)、

正会員は5000円引き(登録日より年間12回まで)】でセミナーにお申込みをしていただけます。

 

主 催: ハニカム・テクノリサーチ株式会社

お申込:弊社HPからお願いします。

http://www.honeycomb-tr.com/Seminar/0921



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:ハニカム・テクノリサーチ株式会社
担当者名:藤田
TEL:03-5207-2922
(10月5日より移転につき、これ以前はTEL:03-6416-8512
Email:sales@mobile-system.co.jp


ハニカム・テクノリサーチ株式会社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。