cat.name

“ネット風俗嬢”とは、インターネット上でアダルトなライブ配信を行ってお金を稼いでいる「チャットレディ」と呼ばれる女性たちに対する新たな呼称です。そんな彼女たち、チャットレディの実態に迫る書籍『ネット風俗嬢』が発売され、話題を集めています。


“ネット風俗嬢”って、なに!?――インターネットから生まれた新造語“ネット風俗嬢”と呼ばれる女性たちの実態に、初めて切り込んだ書籍『ネット風俗嬢』が話題

株式会社リンダパブリッシャーズ(東京都港区、代表取締役社長:新保勝則)は2015年8月22日(土)、中山美里の新作著作となる新書『ネット風俗嬢』を発売しました。

 

“ネット風俗嬢”とは、インターネット上でアダルトなライブ配信を行ってお金を稼いでいる「チャットレディ」と呼ばれる女性たちに対する新たな呼称です。「チャットレディ」や「ライブチャット」という言葉を聞いたことはあっても、その実態を知らない人も多いのではないでしょうか。実際にチャットルームの中で何が行われているのか? 彼女たちがどんなサービスをしてくれるのか? また、どのようなビジネスモデルになっているのかを紐解いた書籍はこれまでありませんでした。

 

本書では、風俗ライターとして14年のキャリアを持つ著者・中山美里氏による徹底取材によって、「チャットレディ」たちに群がる有象無象、カネ、欲望を赤裸々に暴き出すことができました。そして彼女たちを、「チャットレディ」と単なる業種名で呼ぶのではなく、“ネット風俗嬢”という呼称で呼びたいと思うに至りました。

 

“ネット風俗嬢”とは一体何なのか? そして、この新しい風俗の潮流は、どこから来てどこに向かうのか? 本書がそのすべての謎に迫ります!

 

第1章 ネット風俗嬢とは?

第2章 アダルトチャットの歴史

第3章 手の届かない美女よりも、親近感のある萌える女性が人気

第4章 ユーザーがお金を落とす仕組みはコンプガチャと同じ?

第5章 チャットルーム

第6章 知識さえあればいつでもどこでもお金が稼げる!?

 

■著者からのメッセージ

アダルトチャットを取材して、この業界はまだまだスタートしたばかりだと感じました。これからシステムやガジェットの進化によって、ますます発展していくに違いありません。ネット風俗に興味がある方だけでなく、ネット上でなんらかのビジネスを展開したい方にとってもヒントになることが詰まっていると思います。また、コミュニケーション力の可能性については、インタビューを多く行う私自身も大きな学びとなりました。

 

■書籍詳細

【タイトル】ネット風俗嬢

【著者】中山美里

【本体価格】780円(税抜)

【発売日】2015年8月22日

【判型】B6変形並製

【ISBN】978-4-8030-0769-5

【出版社】泰文堂

 

■著者プロフィール

中山 美里(なかやま みさと)

1977年生まれ。東京都出身。フリーライター。

高校卒業後、司法書士事務所勤務、ベビー雑誌などを経てフリーライターに。ノンフィクションやインタビュー原稿などを多く執筆。著書に『16歳だった~私の援助交際記』(幻冬舎文庫)、『漂流遊女』(ミリオン出版)などがある。



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社リンダパブリッシャーズ
担当者名:松下梓子
TEL:0367120334
Email:matsushita@lindapublishers.com


株式会社リンダパブリッシャーズの関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。