cat.name

「Think of Fashion 029 東京オリンピック@1964 日本選手団公式ユニフォームの変遷とそこから見えてくるもの」と題しまして、29回目のThink of Fashionは、当時の資料の検証から、一着のユニフォームに懸けたテイラーと生地メーカーの奮闘に光を当てるとともに、戦前から2000年代に至る日本選手団のユニフォームの変遷を辿りながら、東京オリンピック(1964年)のユニフォームの歴史的位置付けを探っていきます。さらには、二回目となる東京オリンピックを五年後にひかえた今、オリンピックという国際的祭典で「日本」を表現するということについても考察を加える予定です。


Think of Fashion 029東京オリンピック@1964日本選手団公式ユニフォームの変遷とそこから見えてくるもの

Think of Fashion 029

東京オリンピック@1964

日本選手団公式ユニフォームの変遷とそこから見えてくるもの

講師:安城寿子(服飾史家/大手前大学、横浜美術大学ほか非常勤講師)

 

2015年9月5日(土)19時開催

 

※今回は19時開催ですので、お間違いなくお願いします。

 

1964年の東京オリンピックで入場行進の〝トリ〟を飾った日本選手団のユニフォーム。

赤と白のコントラストが印象的なあのユニフォームをめぐっては、とかく誤情報が多く、

誕生の背景を含めた正確な歴史がほとんど明らかにされてきませんでした。

 

29回目のThink of Fashionは、当時の資料の検証から、

一着のユニフォームに懸けたテイラーと生地メーカーの奮闘に光を当てるとともに、

戦前から2000年代に至る日本選手団のユニフォームの変遷を辿りながら、

東京オリンピック(1964年)のユニフォームの歴史的位置付けを探っていきます。

 

さらには、二回目となる東京オリンピックを五年後にひかえた今、

オリンピックという国際的祭典で「日本」を表現するということについても考察を加える予定です。

 

皆さまのお越しお待ちしております。

 

講師プロフィール

安城寿子(服飾史家/大手前大学、横浜美術大学ほか非常勤講師)

お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了。

共著に、『ファッションは語りはじめた』(フィルムアート社、2011年)がある。

2014年7月26日に開催された意匠学会第56回大会シンポジウム

「オリンピックとデザイン: 1964 年東京オリンピックを中心に」では、

パネリストの一人として、東京オリンピック日本選手団のユニフォームデザインについて講演。

 

詳細

 

日時

2015年9月5日(土)19時00分~20時30分

会、終了後、講師を交えての懇親会を予定しております。

 

会費

前売2,000円(Peatixにて) 当日2,500円

学割 前売1,500円(Peatixにて) 当日2,000円

 

会場

服も作れるコワーキングスペース「coromoza fashion laboratory」

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ408

明治神宮前駅7番出口より徒歩1分

電話番号:03-6450-5560 URL: http://za.coromo.jp/

 

Fashion Studies

 

http://fashionstudies.org/

 

Think of Fashionは

人々の装いについての文化や社会現象などを考えていく会です。

http://fashionstudies.org/think-of-fashion/

上記のサイトに過去の回のことが載っております。

 



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:篠崎 友亮
担当者名:篠崎 友亮
TEL:09074219746
Email:info@fashionstudies.org


篠崎 友亮の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。