cat.name

算数タブレットによる自習教材を提供するRISU Japan(2014年7月創業)は、米カリフォルニア州・シリコンバレーに米国支社RISU USAを設立し、全世界で利用できる算数教育サービスの世界展開を開始しました。グループ代表は引き続き今木が務め、引き続きRISU Japanがグループ全体を統括する役割を担います。


東大発算数教育 創業1年で世界へ

【英語版の算数教材(RISU math)】

RISU mathはタブレット自習と個別メール・動画でのフォローアップを組み合わせた総合算数学習サービスです。対応言語は英語で、現在の学習内容は米国の最新の学習指導要領(Common Core)に準拠しています。

対象年齢は、日本語版のRISU算数と同じく4歳から12歳までです。

 

 

【RISUの仕組み】

・RISUは、出る杭を伸ばすための、算数タブレット教材です。

・学び方や得意な点、苦手な点は人それぞれです。しかし、全ての生徒に同じ内容を教える授業や、従来の教材では、一人ひとりの「分からない」点に目が行き届きませんでした。

・学ぶペースが一人ひとり異なるにもかかわらず、月に1度しか次の単元がダウンロードできないタブレット教材の多くも、同じ課題を抱えていました。

・RISUはタブレットが一人ひとりの学び方を自動探知して、学ぶトピックや、問題・復習をお子様に合わせて変化させる教材です。これは、今までは【教材に、子供が合わせる】ことの真逆で、【教材が、子供に合わせる】という試みです。

・計算力=学力である時代は終わりました。RISUには、年中~小学校6年生相当の基礎に加え、文章題・図形・パズル・暗号など、お子様の思考力を養う応用題が多く含まれています。

・現時点で、利用者の学習速度は学校の約1.7倍 (1年で学ぶ内容が、半年強で定着する計算)で、利用者の約75%が年齢よりも上の学年の単元を学習しています (2015年上半期)。

(RISUでは、全ての問題で合格点を取らなければ、レベルが上の問題が出題されない仕組みです。)

 

詳細は弊社ウェブサイトをご確認ください。

http://www.risu-japan.com/corporate/index.html

 

 

 



【本件に関するお問い合わせ先】
・本件についてのマスコミ関係者からのお問い合わせは、こちら https://goo.gl/8doK31からお願いいたします。
・RISUについてのよくある質問は こちら http://www.risu-japan.com/faq/


RISU Japanの関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。