cat.name

薬物の元常用者ドキュメンタリーDVD映像や薬物の情報小冊子などを無料で閲覧できる情報センターが、8月8日に新宿区百人町にオープンしました。このオープンを記念し「薬物の真実」情報キットを先着10名様にプレゼントします。


情報センターオープンを記念して「薬物の真実」情報キットを先着10名様にプレゼント!

ここ数年多数の事件・事故により社会問題化している危険ドラッグ。

8月8日より新たに厚生労働省は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)」に基づく指定薬物に4物質追加し、2310種類となりました。告示禁止物品(広域禁止物品)の85製品と麻薬の170種類を合計すると、現在2500前後の化学物質が禁止薬物として日本で指定されています。この数は継続的に増え続けており、新しい有害物質も未だ日々確認されている状況です。

 

このような中、一人一人がいかに薬物の「正しい知識」=「真実」を持つかが鍵となります。薬物はなぜ使用してはいけないのか、どのような有害性があるのか、使用によって個人の人生、家族、地域社会がどのように破壊されてしまうのか。教育・啓発によってしっかりと薬物の正しい情報を伝えることが重要です。

 

効果的な教育・啓発のため、「真実を知ってください:薬物」ドキュメンタリーDVD映像や、薬物の情報小冊子などを無料で閲覧できる情報センター(=写真)が、8月8日に東京都新宿区百人町(サイエントロジー東京1階)にオープンしました。このセンターでは、薬物の元常用者による体験談のドキュメンタリーや教育・啓発用の公共サービス広告の映像が年中無休で視聴できます。(開館時間は月~金:10:00-21:00 土日:10:00-17:00)

 

このオープンを記念し、「薬物の真実」情報キットを、先着10名様にプレゼントします。情報キットには、ドキュメンタリーDVDのサンプルや情報小冊子などが含まれており、特に青少年に対する啓発に役立つ内容となっています。ご希望の方は、住所、氏名、年齢、電話番号、使用目的を明記の上、FAX(03-5394-0284)またはEメール(info@drugfreeworld.jp)までご応募ください。

 

 

 

 

 

 

 



【プレゼントキャンペーン申し込み先・お問い合わせ先】
日本薬物対策協会
担当者名:馬崎奈央
TEL&FAX;:03-5394-0284
Email:info@drugfreeworld.jp
ブログ: http://fdfw.blog.fc2.com/


日本薬物対策協会の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。