cat.name

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山創一)は、関東・関西・名古屋の3地区の各民放5局を対象に、2015年上半期(1月~6月)のテレビCM出稿動向をまとめました。タレント別に出演しているテレビCMの出稿秒数を見ると、関東・関西地区は2位を約5万秒ほど引き離して「上戸 彩」がトップ、名古屋地区は「濱田 岳」がトップでした。


またしてもトップは上戸 彩~2015年上半期テレビCM出稿動向まとまる~

株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山創一)は、関東・関西・名古屋の3地区の各民放5局を対象に、2015年上半期(1月~6月)のテレビCM出稿動向をまとめました。

タレント別に出演しているテレビCMの出稿秒数を見ると、関東・関西地区は2位を約5万秒ほど引き離して「上戸 彩」がトップ、名古屋地区は「濱田 岳」がトップでした。

 

◆タレント別テレビCM量上位10人 (2015年1月~6月 関東地区)

1位 上戸 彩

2位 濱田 岳

3位 松田 翔太

4位 広瀬 すず

4位 桐谷 健太

6位 樋口 可南子

7位 武井 咲

8位 Dante Carver

9位 西島 秀俊

10位 染谷 将太

※ 出稿秒数をもとにランキングを作成しています。

 

《TOPICS》

~「広瀬 すず」 がジャンプアップ!携帯キャリアCM出演タレントが上位に多数ランクイン~

タレント別テレビCM出稿量上位10人の顔ぶれを見ると、ベテランより若手が多くランクインしました。10人中、8人がソフトバンクやKDDIといった携帯キャリア会社のCMに出演しています。

商品種類別でみたCM総出稿量で1位になったのも、携帯キャリア会社を含む商品種類【郵便・電信・電話】でした。

KDDIの日本昔話の“英雄”たちを集めたシリーズCMで共演している「濱田 岳」「松田 翔太」「桐谷 健太」の3人は昨年の年間ランキングでは100位以内にも入っていませんでしたが、総出稿秒数自体が多いCMに出演したことから一気にランクを上げた結果となりました。

同様のことがソフトバンクモバイルのCMで共演している「広瀬 すず」「染谷 将太」の二人にも言えます。今年1月クールの日本テレビ系ドラマ「学校のカイダン」で初めてヒロインを演じた「広瀬 すず」は以前から様々な業種のCMに出演していましたが、昨年までは100位圏外でした。

※ 詳細はこちら→ http://www.videor.co.jp/press/2015/150805.htm

 

■2015年1月~6月CM出稿量の推移 (テレビ局広報CMを除く民放5局合計)

・3地区の1~6月期CM総出稿量をみますと、全地区ともにスポットCMは前年とほぼ横ばい、番組CMは減少、総出稿量では微減となりました。

・番組CMは全ての月で前年同月を下回っています。中でも2月・6月は全地区ともに大きく減少しました。

・スポットCMは関東地区では全ての月で前年を上回っていますが、関西地区では3月・4月を除き、名古屋地区では2月・3月・4月を除き前年を下回りました。

 

■商品種類別CM総出稿量 (2015年1月~6月上位20商品種類)

・商品種類別出稿量をみると関東地区、関西地区の1位は携帯キャリア会社を含む「郵便・電信・電話」、名古屋地区の1位は住宅メーカーを含む「住宅・建材総合」となっています。

・3地区ともに出稿量を伸ばしている商品種類としてはトレーニングジム・テーマパーク施設を含む「スポーツ・娯楽場」、通販業を含む「他の特殊小売店」、「住宅・建材総合」などがあげられます。

・スマ-トフォン用ゲームアプリ、ブラウザゲームなどが含まれる「オンラインゲーム」(※)は関東地区、関西地区では3位、名古屋地区では4位のランクインとなりました。

・3地区ともに出稿量が減少している商品種類は医療保険が含まれる「生命保険」、「玩具・テレビゲーム」、「スーパー・コンビニ」、「ビール・発泡酒・ビールテイスト飲料」「他の金融」(※)などがあげられます。

※「オンラインゲーム」は2015年1月の基準変更により新設した商品種類です。2014年までは3つ(「家庭用品機器総合」、「通信・web系サービス」、「他のサービス」)の商品種類に含めて集計していたオンラインゲームCMを各々分離させ、1月からは一つの商品種類として集計しています。

※昨年まで「他の金融」に含めていたクレジットカードCMを、新設した「クレジットカード」という商品種類に分離して集計しているため、「他の金融」の出稿量が減少しました。

 

■タレント別テレビCM量 (2015年1月~6月 関東地区 上位20人)

《関東地区》

・関東地区1~6月期のタレント別テレビ露出量をみますと、前年に引き続き1位はソフトバンクモバイル、日本通運に出演の「上戸 彩」となりました。

・2位の「濱田 岳」、3位の「松田 翔太」、5位の「桐谷 健太」はともに2015年よりケイディ-ディ-アイに出演し、昨年より大幅に順位を上げてのランクインとなりました。

・昨年年間順位100位以下から新たにランクインしたタレントはケイディ-ディ-アイに出演の2位の「濱田 岳」、3位の「松田 翔太」、5位の「桐谷 健太」のほか、ソフトバンクモバイルやゼクシィに出演の4位の「広瀬 すず」、ソフトバンクモバイルやコカコ-ラ Toretaに出演の10位の「染谷 将太」があげられます。

・性別をみると20位中13名が男性となっており、前年同期より男性が3名増加しました。

※関東地区上位20人→ http://www.videor.co.jp/press/2015/150805_kanto.htm

 

《関西地区》

・関西地区1~6月期のタレント別テレビ露出量をみますと、1位はソフトバンクモバイル、大阪ガス等に出演の「上戸 彩」が入り、次いで2位はケイディ-ディ-アイ、エン転職に出演の「濱田 岳」がランクイン。3位はケイディ-ディ-アイ、ギャツビ-などに出演の「松田 翔太」となっています。

・昨年年間順位100位以下から新たにランクインしたタレントはケイディ-ディ-アイに出演の2位の「濱田 岳」、3位の「松田 翔太」、4位の「桐谷 健太」のほか、ソフトバンクモバイルやゼクシィに出演の7位「広瀬 すず」があげられます。

・性別をみると20位中10名が男性、10名が女性となっており、前年同期と同数となりました。

※関西地区上位20人→ http://www.videor.co.jp/press/2015/150805_kansai.htm

 

《名古屋地区》

・名古屋地区1~6月期のタレント別テレビ露出量をみますと、1位は「濱田 岳」、2位は「松田 翔太」、3位は「桐谷 健太」とケイディ-ディ-アイに出演の3名がそれぞれ前年100位以下から大幅に順位を上げてのランクインとなりました。前年1位の「上戸 彩」は4位に順位を下げました。

・昨年年間順位100位以下から新たにランクインしたタレントはケイディ-ディ-アイに出演の1位の「濱田 岳」、2位の「松田 翔太」、3位の「桐谷  健太」ほか、ソフトバンクモバイルやゼクシィに出演の7位の「広瀬 すず」、ソフトバンクモバイルやコカコ-ラ Toretaに出演の18位の「染谷 将太」があげられます。

・性別をみると20位中11名が男性となっており、前年同期より1名増となりました。

※名古屋地区上位20人→ http://www.videor.co.jp/press/2015/150805_nagoya.htm

 

 



■お問い合せ先■
(株)ビデオリサーチ コーポレートコミュニケーション室 
TEL.03-5860-1723 FAX.03-3556-8914 
E-mail:info@videor.co.jp


株式会社ビデオリサーチの関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。