cat.name

全国、20歳以上の男女、合計600名を対象に、SNS(アプリ)に関する意識調査を実施いたしました。また、昨年の調査結果と比較しました。


SNS(アプリ)に関する意識調査

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SNS(アプリ)に関する意識調査

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リサーチプラスでは「SNS(アプリ)に関する意識調査」についての

アンケートを実施致しました。

アンケート対象者は全国に住む、20歳以上の男女、合計600名。

スマートフォンの普及が進むにつれ、

スマートフォンアプリの種類も豊富になり、その利用者も増えています。

そんなアプリをどのように利用しているのか調査を行いました。

 

【調査項目】

━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━

1.スマートフォンは保有しているか

2.利用しているSNS(アプリ)はどれか

3.どの程度利用しているか

など全9問

━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━

PICK UP DATA

◆Facebook、LINE利用者、女性は増加、男性は減少傾向

Facebook、LINE利用者の昨年と今年の結果を比較してみると、男女間の傾向で大きな差が表れた。

スマートフォン保有者で「Facebook」の利用について聞いたところ、

「1日1回以上利用している」と回答した方は、

女性は昨年の18.7%から今年は23.1%へ増加していたが、

男性が昨年の32.0%から24.1%となり8.1%減少した。

また、同じく「LINE」の利用について聞いたところ、「1日1回利用している」と回答した方は、

女性が昨年の37.4%から51.0%へと10%以上も増加したが、

男性は昨年の38.8%から36.4%へと少し減少した。

 

◆twitter、mixiの利用者、男女共に微増

スマートフォン保有者で「twitter」の利用について聞いたところ、

昨年と比べて全体的に増加していることが分かった。

「1日1回利用している」と回答した方は、

男性が昨年の14.6%から今年は19.8%、女性が昨年の13.0%から19.2%へと増加した。

同じく「mixi」の利用について聞いたところ、女性も微増し、

男性が昨年の6.8%から今年は10.8%へ増加した。

 

◆SNSを利用する頻度は減少傾向に

スマートフォン保有者にSNSの利用頻度について聞いたところ、

全体で「以前と変わらない」42.7%、「以前より減った」16.4%、「以前より増えた」8.0%の順となり、

以前より「減った」と感じている方が「増えた」と感じている方より2倍程度上回る結果となった。

 

◆SNS利用者と非利用者では「知らない人との関わりあい」の意識に差

SNSを利用している方が回答したSNSのメリットは、

「友人や知人などの近況を知ることができる」43.7%、「仲間内で情報を共有できる」24.5%についで、

「色々な人と仲良くなれる(知り合える)」が19.2%となった。

対して、スマートフォン保有者で、

SNSを利用していない方に「SNSを利用していない理由」を聞いたところ、

「知らない人と関わりたくない」が28.4%で1位となる結果となった。

 

詳細はこちらからご確認ください。

「SNS(アプリ)に関する意識調査」

http://www.research-plus.net/html/investigation/report/index89.html

  

※リサーチプラス調べ(  http://www.research-plus.net/  )



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:アイブリッジ株式会社
担当者名:比嘉千晶
TEL:03-5781-8480
Email:higa-c@ibridge.co.jp


アイブリッジ株式会社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。