日本僑報社8月3日の発表によると、同社設定の第17回「華人学術賞」受賞作となった中国社会科学院の江秋鳳(こう・しゅうほう)博士による『現代中国における農民出稼ぎと社会構造変動に関する研究』がこのほど、同社から刊行された。http://duan.jp/item/170.html 


第17回「華人学術賞」受賞作!『現代中国における農民出稼ぎと社会構造変動に関する研究』が刊行

日本僑報社第17回「華人学術賞」受賞作!『現代中国における農民出稼ぎと社会構造変動に関する研究』が刊行

日本僑報社8月3日の発表によると、同社設定の第17回「華人学術賞」受賞作となった中国社会科学院の江秋鳳(こう・しゅうほう)博士による『現代中国における農民出稼ぎと社会構造変動に関する研究』がこのほど、同社から刊行された。 http://duan.jp/item/170.html 

副題は、「農民出稼ぎ者・留守家族・帰郷者の生活と社会意識に関する実態調査をふまえて」。
江秋鳳博士が、神戸大学大学院の人間発達環境学研究科で博士号(学術)を取得した際の、独自性にあふれた優れた研究論文(指導教官・浅野慎一教授)。中国の農民出稼ぎ労働の社会的意義を、出稼ぎ農民・留守家族・帰郷者への徹底した実態調査で解き明かしている。

めざましい経済発展に伴い、各地で都市化が進む中国。出稼ぎ農民人口が急速に増え、その就職や福祉・教育・医療などの面が社会問題化している。
本書は、北京の出稼ぎ農民本人と、山東省鄆城(うんじょう)県の留守家族、そして帰郷者を対象として、徹底したインテンシブ(集中的)な実態調査や対象者が確保できる「機縁法」という方法などにより、農民出稼ぎ労働の社会的意義について実証的に調査研究。
「中国の社会構造そのものの矛盾を認識」しながらも、「自らと次世代の生活の向上・発展をたゆまず求め続け」るという、出稼ぎ農民たちの前向きな意識を明らかにした。
農村社会の変貌、都市化の変動、階層格差の拡大、家族関係と社会関係の変容など、出稼ぎ農民をめぐる社会構造の全体的変動を、トータルに解き明かした意欲作だ。

指導教官の浅野慎一教授は、「本書は、百数十人におよぶ出稼ぎ農民とその家族が語ってくれたことの中に、あるいは語り尽くせぬことの中に、現代中国の巨大な歴史的社会変動を貫通する明確な内在論理を多数、発見した」と推薦の言葉を寄せる。

江秋鳳博士は、1980年、中国山東省鄆城県生まれ。2001年、魯東大学日本語学科卒業。山東省龍口第三中学校徐福日中交流学校で日本語教師として勤めたのち、2003年4月より日本に留学。
2005年3月、大阪産業大学経済学部卒業。2012年3月、神戸大学大学院人間発達環境学研究科で博士号(学術)取得。現在は、中国社会科学院「都市発展と環境研究所」にポストドクターとして勤めている。

華人学術賞は、2002年の中日国交正常化30周年を記念し、日本僑報社が創設した。中国人博士の学術成果を日本社会に広く紹介することを目的としており、これまでに17回にわたり同賞が授与されている。
※詳細: http://duan.jp/item/c11.html 

※『現代中国における農民出稼ぎと社会構造変動に関する研究』
http://duan.jp/item/170.html 



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:日本僑報社
担当者名:南 一郎
TEL:0359562808
Email:d@duan.jp


日本僑報社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。