cat.name

アジア大手のホテル予約サイトAgoda.com が、アゴダ独自で実施するスマートトラベル調査の最新結果を発表。今回の調査では、アゴダに寄せられたホテル評価の平均スコアを国ごとに比較し、甘口・辛口な評価を下す国がどこかを徹底調査しました!


【アゴダ スマートトラベル大調査】世界で最も辛口なホテル評価をする国はどこ?

米国Priceline Group (Nasdaq:PCLN)のグループ企業でアジア大手のホテル予約サイトAgoda.com が、アゴダ独自で実施するスマートトラベル調査の最新結果を発表。今回の調査では、アゴダに寄せられたホテル評価の平均スコアを国ごとに比較し、甘口・辛口な評価を下す国がどこかを徹底調査しました!

今回の調査は2015年7月に実施。世界中の旅行者から寄せられた700万件以上のホテルレビューを分析しました。通常、アゴダユーザーはホテル滞在完了後に、1)サービスに対する料金、2)ロケーション、3)スタッフの対応、4)ホテルの状態/清潔さ、5)部屋の快適さ、6)食事の6つの項目をそれぞれ1~10で評価したものと、自由に記載できるコメントをホテルのレビューとして投稿することができます。ウェブサイトに掲載されるホテルの評価スコアはこの6項目の平均スコアです。

アゴダに寄せられたレビューのグローバル平均スコアは8.52(最高10)でした。
 

このグローバル平均スコアと比較すると、高めの評価する傾向が最も強い国はロシアでした。ロシアの平均スコアがグローバル平均スコアを0.56ポイントを上回っての第1位です。続き、エジプト、アイルランド、ポーランドが2位~4位にランクイン。すこし意外なことに中国が8位にランクインしています。

 

低めに評価する傾向がある国の第1位はUAE。そして第2位に日本がランクインです。日本の平均スコアはグローバル平均スコアよりも0.3ポイントマイナスでした。3位がオマーン、4位がインドという結果でした。


ランキングの詳細はこちら: https://www.agoda.com/ja-jp/info/most_generous_hotel_reviewers.html

国が違えば旅行パターンや予算、一般的な好みなどが異なるのは明らか。旅の嗜好が評価基準に反映されるのでしょう。アゴダは世界各国のユーザーにより利用されているため、アゴダに掲載されている評価スコアはグローバルな平均値を反映していると言えます。アゴダのウェブサイトやアプリに掲載されるレビューには、投稿者の出身国も記載されていますのでぜひ参考にしてみてください。

 

今回実施した調査の詳細については、下記までお問い合わせください。

担当:アゴダPRチームチーフ Nico Marco (Mr.)

Eメール:nico.marco@agoda.com.  

 

Facebook に「いいね! 」してAgoda.comとコネクト。世界中のホテルからスペシャル価格やプロモーション情報をゲットしよう! Google+  Instagram  Pinterestのフォローも忘れずに!

 

 



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:Agoda Company Pte. Ltd.
担当者名:松浦 薫子
TEL:+66-(0)2-625-9173
Email:koko.matsura@agoda.com


Agoda Company Pte. Ltd.の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。