cat.name

日本僑報社では、今年の第11回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の開催に合わせて、中国で日本語を教える教師たちを対象に、その指導体験や指導方法をまとめたレポート作品を募集しています。テーマは(1)「私の日本語作文指導法」、(2)「日本僑報社の日本語作文コンクールと私」(いずれも仮題、タイトルは自由)の2つ。


日本語教師の体験文「私の作文指導法」、8月末に募集締め切りへ

日本僑報社では、今年の第11回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の開催に合わせて、中国で日本語を教える教師たちを対象に、その指導体験や指導方法をまとめたレポート作品を募集しています。

テーマは(1)「私の日本語作文指導法」、(2)「日本僑報社の日本語作文コンクールと私」(いずれも仮題、タイトルは自由)の2つ。

4月末に募集を呼びかけてから、これまでに作文指導やコンクールへの思いあふれる作品が合わせて10本寄せられており、いずれも有益な情報満載のすぐれたレポートとなっています。

※「私の日本語作文指導法」これまでの応募作(閲覧可)

http://duan.jp/jp/shido-list.html

弊社では、この「私の日本語作文指導法」の募集を今年8月末に締め切りとします。

目標として計30本程度を募集し、そのレポートを全て書籍としてまとめる予定です。

そのため、すでに応募された先生方をはじめ、これから応募される方には、(1)個人の顔写真のほか(2)学生を指導している様子の写真(3)大学キャンパスの写真など、合わせて2~3枚をお送りください。

レポートと合わせて、書籍に掲載させていただく予定です。

またレポートは、引き続き募集しています。作文指導の参考になるような独自のレポートを多数お待ちしています。よろしくお願いいたします。

■在中国の日本語教師の体験文募集

○テーマ

(1)「私の日本語作文指導法」(仮題、タイトルは自由)

(2)「日本僑報社の日本語作文コンクールと私」(仮題、タイトルは自由)

○文字数は、1本3000字程度。

○お問い合わせと応募先

E-mail: sakubun@duan.jp 担当:教師体験文受付係

※ 「氏名、指導大学・学科名、略歴、日本語教師指導歴」をそれぞれ明記のうえ、必ずメールで、作品の文字数をご確認のうえ、添付ファイルでご応募ください。

※ メールの件名は「私の日本語作文指導法・応募」としてください。

※「私の日本語作文指導法」これまでの応募作

http://duan.jp/jp/shido-list.html

※ 関連記事:

http://duan.jp/news/jp/201504272.htm

http://duan.jp/news/jp/20150512.htm

http://duan.jp/news/jp/20150513.htm

http://duan.jp/news/jp/20150609.htm

http://duan.jp/news/jp/20150707.htm



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:日本僑報社
担当者名:南 一郎
TEL:0359562808
Email:d@duan.jp


日本僑報社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。