cat.name

EluciDataは、元々膨大なデータの分析を必要とする国防分野やヘルスケア分野のために関発された独自のデータ分析プラットフォームです。そのパワフルな分析エンジンとマシン・ラーニング技術で、ミッションクリティカルなガス・石油資源開発業界のニーズに応えます。


バテルのビッグデータ分析ソフトEluciDataでガス・石油業界のデータ活用がパワーアップ

ビッグデータの時代が到来したと言われています。しかし、0と1の膨大な羅列は明るいものの、ユーザには未だ不明瞭さが混在します。そこで、バテルの研究者たちがビッグデータ分析プラットフォームEluciDataを開発しました。

 

世界最大規模の非営利研究機関であるバテル記念研究所(本社:米国オハイオ州、CEO:ジェフリー・ワッズワース)が開発したEluciDataは、元々膨大なデータの分析を必要とする国防分野やヘルスケア分野のために関発された独自のビッグデータ分析プラットフォームです。そのパワフルな分析エンジンとマシン・ラーニング技術は、ミッションクリティカルなガス・石油資源開発業界のニーズにも応えることが出来ます。

 

石油開発者は、この最新のデータ分析プラットフォームの上で、バテルがこれまで蓄積してきた地質科学に関する高度な分析学の知識を活用することができるようになりました。それは、従来よりも低コストで高度な予測モデルを開発したことを意味します。つまり、彼らは効率的に管理された埋蔵資源のプロフィールや予測データは、彼らの賢明な意思決定に大きく貢献することが出来ます。

 

「我々のチームが貢献できることは、ビッグデータの活用によるプロセス改善だけではありません。EluciDataによる厳格な分析モデル構築による、時間とコストの削減でも、ガス・石油業界に貢献することができます。」とバテルでプログラムを管理するステファニー・クート博士は述べています。

 

EluciDataは見込みのある油田とない油田を分ける重要な要因を提示し、原油の生産に密接する地学上の構成を解き明かし、ロバストな予測モデルの構築に役立ちます。

 

【EluciDataプラットフォームについて】

http://www.battelle.org/our-work/pharmaceutical-medical-devices/medical-devices/battelle-elucidata-healthcare-analytics

 

【バテル記念研究所について】

バテル記念研究所は1929年に米オハイオ州で設立された世界最大規模の非営利研究機関です。設立以来、アメリカのエネルギー政策、環境政策、ホームランドセキュリティーなど、さまざまな分野で研究開発を行い、ゼロックスコピー機の事業化、コンパクトディスクやバーコード開発などの成果を上げてきました。

所在地 : 505 King Avenue, Columbus, OH 43201

代表者 : 代表取締役兼CEO Jeffrey Wadsworth

設立  : 1929年

URL  :  http://battelle.org/

事業内容: 研究所の運営管理、エネルギー・環境・医療・ナショナルセエキュリティ分野などの受託研究開発

 

【バテルジャパン株式会社について】

バテルジャパン株式会社は、1970年より共同で新技術の研究開発や技術開発支援などを3,000件以上行ってきたバテル記念研究所と三菱商事株式会社との合弁会社として2006年に設立されました。「最先端の科学技術から、明日のビジネスイノベーションへ」をスローガンに、バテル記念研究所の研究者たちとの連携を通して日本およびアジアの官公庁や企業に科学技術とビジネス戦略の融合、世界をつなぐマーケット・デベロップメント、シーズ育成支援サービスを提供しています。

所在地:東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル17F

代表者:代表取締役 ジェラルド・ハネ

設立:2006年2月

資本金:1億円

URL: http://www.battelle-japan.co.jp

事業内容: 受託研究開発、技術開発に基づいた事業化・技術戦略提案、海外動向調査

 



【本件に関するお問い合わせ先】
 企業名 :バテルジャパン株式会社
 担当者名:村上・松原
 TEL:03‐3593‐2190
 Mail: info@battelle-japan.co.jp


バテルジャパン株式会社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。