cat.name

国内最大級のファッションアプリ「iQON」を運営する株式会社VASILY(東京都渋谷区 代表取締役:金山裕樹)は、10〜50代のiQONユーザー307人に対して「水着に関するアンケート調査」を実施しました。


夏休み直前!水着に関する緊急アンケート実施水着になる際気になるのは、「太もも」が1位 3人に1人は胸にパット!“水着にまつわる失敗談”も発表

夏の日差しがやってきた今日この頃。

今月末から学生さんは夏休みに突入ですね!

夏といえば、水着。

女の子にとって「海やプールで水着をどう着るか!?」は大問題ですよね。

きっと見せたくない部分の隠し方や、綺麗に着こなす技などがあるはず!

そこで、iQONユーザーに緊急アンケート調査を実施し、女の子達の

水着にまつわる本音や失敗談を聞いてみました。

 

20代後半は毎年水着を新調する!?

「どの位のペースで水着を買いますか?」と聞いたところ、全ての年代をまとめると、「毎年買っている」のは14.1%に留まり、「2〜3年に1度」が44%、次いで「4年以上買ってない」14.1%という結果になりました。

年代別に見ると、注目すべきは「25〜29歳」!

他の年代と比較して、「毎年買う」の比率が多く、20代後半の女性達は水着購入頻度が高まることが分かります。

持っている水着の種類を聞いたところ、圧倒的に「ビキニ」!で、全ての年代をまとめると71%を占め、ワンピースは17%代に留まっています。年代別に見ると、20代前半がビキニ率が一番多く82.4%、次いで、20代後半が76.9%となっています。

逆に10代はワンピース率が他の年代と比較すると高く、26%を占める結果になりました。

ちなみに、水着の平均単価は、13,288円(iQON内アイテム調べ)で、男性用に比べると高価!

また、2〜3年に一度のペースで買い替えるのが現実的と言えます。

 

コンプレックスの無い女子はいない!

「体型にコンプレックスはありますか?」の質問に、なんと!93.5%の方が「ある」と答えています。

部位別に見ると、一番多いのが「太もも」、次いで「ウエスト」「ヒップ」の順になっています。

年代別に見ると、20代までは太ももがトップなのに対し、30代に入るとウエストが太ももを抜きトップにあがっています。

年齢を重なると共に気にする部位が変わってくるのが分かります。

また、気にしがちのバストですが、ビキニを着た時に工夫ができるせいか、ヒップに次いで4位という結果になり、ビキニを着る時に隠せない部位が上位にあがっています。

 

3人に1人は胸パットを活用!上手な工夫でメリハリボディを演出

そして、「水着着用の際にスタイル良く見せる工夫はしていますか?」の質問には、過半数を超える52.4%が「している」と答え、「どんな工夫をしていますか?」と聞いたところ、全ての年代をまとめると、「パレオやサロペットで隠す」が53.8%でトップ、次いで「胸にパッドを入れる」が37.4%、「胸が大きく見えるような水着を選ぶ」「ウエストがくびれているような水着を選ぶ」が21.6%の順になりました。

3人にひとりは、胸にパットを入れていることが分かります。

そして、年代別にみると、注目すべきはビキニ率が一番高い「20代前半」は他の年代と異なり、1位に「胸にパットを入れる」が入っています。手軽に“そっと”ボリュームアップできるパットは女性の強い味方ですね。

 

ユーザーの皆さんの水着にまつわる失敗談を聞きました!(自由回答)

■ 水着がかぶっちゃった ■

▶すごくスタイルが良くて自分より若い人と水着が被って恥ずかしい思いをした。

▶友達3人と海&プール付きの所に行ったら    そこに、私と同じ水着を来て

いる人に2人あってしまったこと…泣

→ 気合を入れて買った水着が他の人とかぶるとちょっとショックですよね・・・

 

■ 着てみたら ■

▶中学のときの水着で胸がきつく、水泳中に気絶。気づいたら保健室のベットの上で、いつ誰に着替えさせてもらったのか覚えてない!

▶ネットで流行りの可愛さ重視で買ってしまい、着てみたらすごい寸胴体型に見えてしまった!

▶首の後ろで結ぶタイプの水着の時に、取れないようにキツく結び過ぎたら姿勢が猫背じゃないと痛くなった。

▶水着のサイズが小さかったのか  お尻に食い込んでしまい あわや  半ケツ状態!

▶気に入った水着がSサイズしかなくて、なんとか着れたのでそれを買い、海に着て行ったら、強い波が来て気付いたら乳首が見えてた…

→ 水の中と陸上ではサイズ感が変わります、気をつけた方がいいかもしれません・・・

 

■ 脱げちゃった ■

▶2年生のサークルのキャンプで海に行った時(彼も一緒でした)波が来た時に水着が脱げたことに気づかず、そのまま浜辺に行ってしまった…>_<…良識のあるサークルだったことに感謝。でも彼には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。恥ずかしかったし。

▶ バナナボートから降りてライフジャケットを脱いだら三角ビキニが左右の脇にズレてて丸出しになってた。

▶スライダー滑ったらお尻のとこが破けてお尻が見えた!

▶ 海でジェットに乗り、水着が脱げた。

▶ ウォータースライダーのやり過ぎで、お尻の部分が破けてたのを、友達に指摘されるまで気が付かなかった。

 → バナナボートやウォータースライダーは、気をつけましょう!

 

■ パッドが・・・■

▶ パットが取れて水面に浮いている…

▶パットがずれて写真でボコボコの胸になっていたのを見たとき!

▶胸に入れてるパットが目の前で落ちていた …

→ パットを使う時は要注意ですね!

 

ユーザーに人気の水着コーディネートをご紹介!

2015年3月1日から2015年7月15日に投稿されたコーデの中から、人気の水着コーディネートをご紹介します!水着のタイプとしては、やはりバンドゥタイプが人気。着こなし方としては、うまく体系隠しができそうなシャツや今季トレンドのノースリーブのニットをチョイスする傾向が。また、おしゃれ上級者のiQONユーザーは、水着のカラーや柄に合わせて、アクセサリーやバッグをうまくアレンジしていました。

 

( http://www.iqon.jp/sets/2767775/ )

( http://www.iqon.jp/sets/2661048/ )

( http://www.iqon.jp/sets/2812157/ )

 

■日本最大級のファッションアプリ「iQON(アイコン)」とは?

「iQON」は提携するさまざまなECサイトのファッションアイテムを、ユーザーが自由に組み合わせてコーディネートを作成できるスマートフォンアプリです。ユーザーはiQONに投稿されている250万件以上のコーディネートを無料で閲覧でき、そこに使われている商品を購入したり、お気に入り登録して楽しむことができます。 iQONはファッションアプリとして世界で唯一、Apple社が選ぶベストアプリとGoogle社が選ぶベストアプリの両方に選出されており、ユーザーによって行われるアプリストア内のレビューの平均点が4.5点(AppStore、5点満点)を獲得するなど、国内外で高い評価をいただいています。

 



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社 VASILY
担当者名:井関紀子
TEL:0357919203
Email:info@vasily.jp


株式会社 VASILYの関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。