cat.name

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、未来予測レポート“セキュリティ×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“セキュリティ×最先端技術”の進化による未来予測≪2015‐2035≫~未来絵 編 ~”を発刊しました。


セキュリティ×最先端技術がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/セキュリティ×最先端技術の進化による未来予測≪2015‐2035≫~未来絵 編 ~

■はじめに

 

“セキュリティ×最先端技術”によって、今後20年で、業界全体がいったいどのように変わるのか?イノベーション(変革)ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

 

特に、“セキュリティ×最先端技術”に着眼するセキュリティ・ベンダ、そして関連会社の研究開発部門の方々、セキュリティ関連ソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さま、セキュリティ・ベンダの営業企画・事業推進部門の方々、研究開発部門の方々、ならびに“セキュリティ×最先端技術”に着眼する幅広い皆さまからである。

 

今や「イノベーション(変革)」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「イノベーション(変革)」によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。

 

こうした声を受けて、ESP総研では「セキュリティ」分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「最先端カットシーン」など、尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。

 

重視した抽出条件は、「将来、“セキュリティ×最先端技術”に着眼するセキュリティ・ベンダ、そして関連会社の研究開発部門の方々、セキュリティ関連ソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さま、セキュリティ・ベンダの皆さまの研究開発に役立つかどうか?」「将来、“セキュリティ×最先端技術”に着眼する皆さまにとって役立つかどうか?」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか?」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか?」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか?(サービス・製品・ソリューション開発や技術開発に役立つかどうか?)」「気づき・アイデア」となっているか?などである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。

 

今回、ESP総研では総力を結集して“セキュリティ×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“セキュリティ×最先端技術”の進化による未来予測≪2015‐2035≫~未来絵 編 ~  レポート を刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した 伊藤 伸隆 によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。

 

現実世界において、セキュリティ・レベルを高めるために各種センサー、映像データのさらなる活用が求められている。クラウドデータ化の動向により、さらなるデータの共有化が行われるだろう。そして、IoTが進むことにより、モノのセンサー化が進み、さらなる膨大なデータの蓄積が行われるだろう。膨大な情報の蓄積と共有化に向けて、さらなるネットワークのセキュリティ向上が求められるだろう。

 

また、認証技術の発展に注目が集まり、様々な場面における活用が期待されている。利用者本人の指紋、声門、虹彩、顔などの複製不可能な特徴を認証キーとすることによりセキュリティ性が向上するだろう。そして、利用者本人の身体を認証キーとすることによりアカウント、パスワード管理の煩わしさから解放されるだろう。その結果、認証キーの盗難、紛失によるトラブルが無くなるだろう。より手軽で、よりセキュリティ性の高い認証キーにより多くの煩わしさから解放されることになるだろう。

 

インテリジェンス技術によるネットワークセキュリティの向上が図られるであろう。現状ではネットワーク攻撃に晒されていることに気付かないケースが非常に多く、悪意ある攻撃の自動検知技術に注目が集まっている。絶えず行われるサイバー攻撃に対する防衛手段として高性能な情報分析・判断を自動的に下せる防衛機能に注目が集まっている。無数に存在する悪意ある攻撃者に対する抑止力とするためにも自動的に攻撃者を特定する機能に注目が集まっている。また、ウイルス感染、情報漏えい、情報改竄、炎上などの被害を最小限に抑えるための自動修復機能に注目が集まっている。

 

現実世界におけるセキュリティと、ネットワーク上におけるセキュリティが、これまで以上に複雑に一体化していくだろう。現実世界と、ネットワーク上の両方のセキュリティを高めることで初めて安全な情報管理が実現化するだろう。セキュリティ性を高めると同時に利便性を欠かさない工夫が求められるだろう。

 

皆さまからの強い期待とリクエストによって、“セキュリティ×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“セキュリティ×最先端技術”の進化による未来予測≪2015‐2035≫~未来絵 編 ~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「セキュリティ×未来予測」に着眼する全ての皆様の研究開発(R&D;)活動ならびにマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

 

■調査対象

・「セキュリティ」分野 全般

 

■サブタイトル

≪業界・分野別×未来予測シリーズ≫

~“セキュリティ×最先端技術”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵3枚、個票絵50枚≫~

 

■調査方法

・弊社専門調査員による最先端技術調査後、“セキュリティ×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化、つまり未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

 

■調査&レポート期間

・2015年5月21日(セキュリティ×最先端技術調査開始)~2015年6月6日までセキュリティ×最先端技術調査を実施し、2015年6月27日に未来絵(イラスト)制作(個票絵ならびに総括絵)が終了した。

 

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集・未来絵の制作】

1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦

2)調査・分析・レポーティング:ESP総研

(1)(未来絵)イラスト観点抽出<セキュリティ×最先端技術調査>:伊藤 伸隆

(2)ビジネスイラスト作成:伊藤 伸隆

 

■トータル・ページ数(報告書)

・61ページ

 

■目次(詳細)・URLはこちら↓

http://www.espers.co.jp/?p=7839

 

■頒価

本体価格240,000円 + 税 *CD-R(PDF)タイプ(全てカラー)

 

【会社概要】

会社名   :株式会社 ESP総研  http://www.espers.co.jp

所在地   :東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F

設立   :1999年8月19日

代表者   :代表取締役 村岡 正悦

事業内容 :「市場調査」事業、「未来予測」事業、「映像宣伝」事業

 

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆

窓口:ESP総研 セキュリティ調査部門

TEL : 03-5762-8136  FAX : 03-5762-8036

 E-mail : info@espers.co.jp



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社 ESP総研
TEL:03-5762-8136
Email:info@espers.co.jp


株式会社 ESP総研の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。