cat.name

平安期に発明され、日本文化の要所を担う扇子は職人の高齢化や百均扇子の台頭により、国内生産されなくなる危機にあります。巨匠ルイジコラーニ教授がデザインした扇子を会社員と京都の扇子職人が協働で開発し、国産扇子の価値再発見と需要喚起を目指しています。現在、READYFOR?にて支援を募らせて頂いています。


【ご支援募集中!】サラリーマンが挑む世界初の京扇子作り。巨匠ルイジコラーニのデザインで国産扇子の危機を訴える。

巨匠ルイジコラーニがデザインした世界初の意匠を有する京扇子を、宮脇賣扇扇、なかにしや京扇と開発している、非営利活動組織NOD(所在地:大阪府豊中市、代表:乙井一貴)は、クラウドファンディングサイトREADYFOR?で広く支援を募らせて頂くと共に、約2000人の調査データや扇子職人の生の声を2015年6月11日(木)より公開して国産扇子の危機を訴え、話題づくりと需要喚起に取り組んでいきます。

■プロジェクトページ
https://readyfor.jp/projects/kawahori
■新着情報(ここで開発秘話を紹介し、国産扇子の危機を訴えていきます)
https://readyfor.jp/projects/kawahori/announcements

【背景】
平安時代の日本人が発明した扇子が、国内で生産されなくなる危機が迫っています。私たちは京扇子業界に一石を投じ、一丸となってこの危機に臨んで頂きたい一心で、1200年に及ぶ扇子の長い歴史の中で初めての試みに挑戦しました。世界初の意匠を有し、壊れても仕立て直していつまでも使える「かはほりあふぎ」がニュースとなって多くの耳目を集め、沢山の共鳴者が大きな課題に取り組んでいただけいただくことを心より願っています。
READYFOR?にてご支援をを募らせていただくと共に、話題づくりと国産扇子の需要喚起に取り組みます。

【製品・サービスの概要】
「かはほりあふぎ(コラーニデザインの京扇子)」
対象:30代以上男女
提供場所:READYFOR?
価格:22,000円(READYFOR?の引換券として)

<3つの特長>
1.巨匠ルイジコラーニと京扇子(宮脇賣扇庵・なかにしや京扇)のコラボレーション
2.世界初、左右非対称形の親骨を有する扇子
3.中骨や和紙が破損しても仕立て直していつまでも使える扇子

【今後の展望】
7月末までにご支援者を獲得して目標金額を達成し、世界初の京扇子を制作させて頂きたいと思います。その間に、齢70の扇子職人のセンセーショナルなインタビューを公開し、京扇子の話題作り(需要喚起)に努めていきます。

【非営利活動組織NODについて】
代表者:発起人 乙井一貴
設立:2012年3月11日
Tel:080-3030-6256
URL:http://nature-oriented-design.org/
事業内容:
1.企業・行政向けマーケティング支援・デザイン支援
2.調査研究と製品開発
3.未来共創メディアの運営
4.自然環境破壊問題と生態系に関する調査・研究
5.自然環境保全/保存活動
※現在、理念に共鳴する企業の代表者や会社員と共にNPO法人化を進めています。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:非営利活動組織NOD
担当者名:乙井一貴
TEL:08030306256
Email:info@colani.jp


非営利活動組織NODの関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。