cat.name

2015年9月1日より、台湾既存化学物質第一段階の登録作業が開始されます。日本企業にとって、製品機密情報の保護や台湾国内の代理人の役割、登録作業手順、法解釈未確定部分など大きなビジネスリスクとなっております。今回のセミナーでは、優先管理化学品と規制性化学品も含め、対応方法について詳細に解説します。


【2015年始まる台湾化学物質登録制度と実務の詳細解説】セミナー 6/23(火)[大阪]

【2015年始まる台湾化学物質登録制度と実務の詳細解説】セミナー 6/23(火)[大阪]
http://www.honeycomb-tr.com/Seminar/0861/

2015年始まる台湾化学物質登録制度と実務の詳細解説について解説します

2015年9月1日より、台湾既存化学物質第一段階の登録作業が開始されます。

この登録作業では、事業者情報、化学物質の名称、CAS 番号及び製造、輸入数量と用途情報を規制当局に届出しなければなりません。

しかしながら、登録人資格を持たない日本企業にとって、製品機密情報の保護や台湾国内の代理人の役割、登録作業手順、法解釈未確定部分など大きなビジネス上のリスクとなっております。

ハニカム・テクノリサーチでは、これまで、多くの既存増補及び新規登録を実施し、成功してきており、豊富なノウハウを積み上げてきました。
さらに、台湾当局とほぼ毎日、制度や手順について、意見交換をしています。

当該セミナーでは弊社の知見・ノウハウに基き、2015年6月30日が初回届出・申請の〆切となっている優先管理化学品と規制性化学品も含め、日本企業における台湾化学品法規制度への対応について、詳細を解説します。
ぜひ奮ってご参加ください。

なお、今回のセミナー内容につきましては、同業者の方にはお断り申し上げます。

日  時: 2015/6/23(火) 13:30~16:30
場  所: 弊社大阪事務所 会議室 (大阪市淀川区宮原5-1-18新大阪サンアールセンタービル14F)

要  旨:
1.既存化学物質第一段階登録の実務解説
2.新規化学物質登録制度の現状と問題点
3.優先管理化学品制度の実務対応
4.規制性化学品制度の詳細解説
5.日本企業対応のまとめ
6.質疑応答
※内容は、状況に応じて調整、変更の可能性がありますので、ご了承ください。

講  師: 陳梅官 / ハニカム・テクノリサーチ(株) 代表取締役社長兼CEO
ほか、弊社コンサルティングサービス部専門員

受講料: 1名につき20,000円(消費税別、資料代・お茶代込)
*ケミスパート会員に登録していただくと、お得な会員価格【無料会員は3000円引き(登録日より年間3回まで)、正会員は5000円引き(登録日より年間12回まで)】でセミナーにお申込みをしていただけます。

主 催: ハニカム・テクノリサーチ株式会社
お申込:弊社HPからお願いします
http://www.honeycomb-tr.com/Seminar/0861/
お問合せ:03-6416-8512

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:ハニカム・テクノリサーチ株式会社
担当者名:佐々木
TEL:03-6416-8512
Email:sales@honeycomb-tr.com


ハニカム・テクノリサーチ株式会社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。