「キワメテ!水族館」モノづくりファイル第3弾。大阪に本社を置き、来年創業50周年を迎えるコトブキ工芸のポリシーは「他の追随を許さない独創性のある高品位な商品開発」。今やスタイリッシュな水槽として主流になりつつある「フレームレス水槽」のコトブキ工芸開発秘話をご紹介します。


「キワメテ!水族館」KOTOBUKIモノづくりファイル第3弾配信 。石橋を叩いて商品化したフレームレス水槽。

アクアリウムを通じて潤いのある暮らしを提案する、「生活ロマン創造企業」寿工芸株式会社(所在地:大阪府松原市)。この度、アクアリウムWEBマガジン「キワメテ!水族館」(http://aquawz.com/)では、「KOTOBUKIモノづくりファイルシリーズ」第3弾を掲載いたしました。このシリーズで、まだまだ知られざるコトブキ工芸の製品開発エピソードを紹介してまいります。

今から約10年程前まで、水槽といえば上下の樹脂フレームや端面を樹脂の支柱で補強施工することが一般的でした。そこで「他の追随を許さない独創性のある高品位な商品開発」を強みとするコトブキ工芸は、「水槽はインテリアの要素が高い。もっと見た目をすっきりさせよう」と、水槽から樹脂フレームを取り外した商品「フレームレス水槽」の開発をスタートさせました。ユーザーからの熱い要望に応えるためにも。その時コトブキ工芸が掲げたテーマは「絶対に安全だという確信が持てる商品にする」ということ。 商品開発に対する柔軟な発想とはまた違った、強固な姿勢がそこにありました。商品の信頼性に重きを置くために、とことん時間をかけたのです。自社の実験だけでなく、専門家からの意見も十分取り入れました。しかし、コトブキ工芸のこだわりはここからなのです。発売から10年を経過した今も、フレームレス水槽のシリコン接着の強度テストやさらなる仕様を目指して実験を繰り返している点なのです。

詳しくは「キワメテ!水族館」にアクセスしてください。
-KOTOBUKIモノづくりファイル 石橋を叩いて商品化したフレームレス水槽-
http://aquawz.com/?p=1884

【寿工芸株式会社について】
本社:〒580-0043
大阪府松原市阿保2丁目122-4
設立昭和42年7月
Tel:072-333-2208(代)
Fax:072-333-0369
URL:http://www.kotobuki-kogei.co.jp/
事業内容:観賞魚用水槽、付属器具製造販売

【本件に関するお問い合わせ先】
アクアリウムwebマガジン キワメテ!水族館
担当者名:小林俊和
TEL:09052466086
Email:info@aquawz.com


アクアリウムwebマガジン キワメテ!水族館の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。