cat.name

株式会社ESP総研(東京都港区、代表取締役:村岡 正悦)は、未来予測レポート “ドローン×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ドローン×最先端技術”の進化による未来予測≪2015‐2035≫~未来絵 編 ~”を発刊しました。


“ドローン×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ドローン×最先端技術”の進化による未来予測≪2015‐2035≫~未来絵 編 ~

■はじめに

   “ドローン”によって、今後20年で、業界全体がいったいどのように変わるのか?イノベーション(変革)ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

 特に、“ドローン” に着眼する当該事業者・企業(ドローンの開発やビジネスでの活用を考えている数多くの企業)または関連会社の研究開発部門の方々、自律制御、ロボット、メカトロニクス関連ソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さま、ドローン・ベンダの営業企画・事業推進部門の方々、研究開発部門の方々、ならびに“ドローン” に着眼する幅広い皆さまからである。

 今や「イノベーション(変革)」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「イノベーション(変革)」によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。

 こうした声を受けて、ESP総研では「ドローン(無人航空機)」分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「最先端カットシーン」など、尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。

 重視した抽出条件は、「将来、“ドローン”に着眼する当該事業者・企業(ドローンの開発やビジネスでの活用を考えている数多くの企業)または関連会社の研究開発部門の方々、自律制御、ロボット、メカトロニクス関連ソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さま、ドローン・ベンダの皆さまの研究開発に役立つかどうか?」「将来、“ドローン”に着眼する皆さまにとって役立つかどうか?」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか?」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか?」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか?(サービス・製品・ソリューション開発や技術開発に役立つかどうか?)」「気づき・アイデア」となっているか?などである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。

 今回、ESP総研では総力を結集して“ドローン×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ドローン×最先端技術”の進化による未来予測≪2015‐2035≫~未来絵 編 ~  レポート を刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した 伊藤 伸隆 によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。 

 まずは、ハードウェア、ソフトウェアの両面からドローンの研究開発が進むだろう。具体的には、カメラ、センサー、ソフトウェアの開発によって活動の幅が広がるだろう。また、ドローンの小型化、ロボットアームの開発により特殊な用途にも対応できるようになるだろう。

 活用といった観点では、まずは点検・調査用の方面にドローンが活用されるだろう。具体的には、発電設備、各種設備、ビルなどの建造物の維持管理に幅広く活用されるだろう。また、地形調査、海洋資源調査、生体調査など多岐にわたる情報収集にも活用されるだろう。

 次に、警備用の方面にもドローンが活用されるだろう。具体的には、指定範囲内における不審人物、不審物の見回り活動に活用されるだろう。また、遭難救助、探索、危険地域の警備など人命保護にも活用されるだろう。加えて、家庭内における高齢者、学校内における児童などの見守りにも活用されるだろう。最後に、プライベート区域や国の定める飛行禁止区域における悪質なドローンに対する警備にも活用されるだろう。

 次に、映像・資料撮影用の方面にもドローンが活用されるだろう。具体的には、TV、CM、広告、ポスター、雑誌など様々なメディアに利用される素材撮影に活用されるだろう。ドローン自体がデジタルサイネージとなり、広告媒体として活用されるだろう。

 次に、各種産業方面においてもドローンが活用されるだろう。具体的には農業、工業、商業において幅広くドローンが活用され、産業の自動化が進むだろう。また、運送業、配送業などにおいてドローンを活用した物資の輸送が行われるだろう。加えて、飲食関係の配膳に活用される他、多くの飲食物デリバリーにも活用されるだろう。医療品の提供、AEDの提供など医療分野においても活用されるだろう。また、ドローンを対象にした保険、コンサルティングなどのサービスも生まれるだろう。最後に、ドローンネットの整備などで物資の空輸が活発になるだろう。
 
 次に、災害対策の方面でもドローンが活用されるだろう。具体的には、雪山や、火口などの危険地域における探索・救助活動に活用されるだろう。また、災害時に発生する孤立家屋に向けた通信手段の確立、支援物資の運搬などにも活用されるだろう。加えて、土砂崩れ、洪水などの災害源を調査して災害の事前察知にも活用されるだろう。

 最後のまとめであるが、ドローンの活用によって生身では近づけなかった危険地域まで「活動範囲」が広がるだろう。また、ドローンの活躍によって多くの事柄が「自動化」されるだろう。最後に、ドローンが全体を見守るセンサーとなり、社会全体の「安全性」が高まるだろう。

 皆さまからの強い期待とリクエストによって、“ドローン×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“ドローン×最先端技術”の進化による未来予測≪2015‐2035≫~未来絵 編 ~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「ドローン(無人航空機)」に着眼する全ての皆様の研究開発(R&D;)活動ならびにマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

■調査対象
・「ドローン(無人航空機)」分野 全般

■サブタイトル
≪業界・分野別×未来予測シリーズ≫
~“ドローン”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵6枚、個票絵80枚≫~

■調査方法
・弊社専門調査員による最先端技術調査後、“ドローン×最先端技術”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化、つまり未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

■調査&レポート期間
・2015年3月27日(ドローン×最先端技術調査開始)~2015年5月4日までドローン×最先端技術調査を実施し、2015年5月20日に未来絵(イラスト)制作(個票絵ならびに総括絵)が終了した。

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集・未来絵の制作】
1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研
(1)(未来絵)イラスト観点抽出<ドローン×最先端技術調査>:伊藤 伸隆
(2)ビジネスイラスト作成:伊藤 伸隆

■トータル・ページ数(報告書)
・97ページ

■目次(詳細)・URLはこちら↓
http://www.espers.co.jp/?p=7816

■頒価
本体価格330,000円 + 税 *CD-R(PDF)タイプ(全てカラー)

【会社概要】
会社名   :株式会社 ESP総研 http://www.espers.co.jp
所在地   :東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F
設立   :1999年8月19日
代表者   :代表取締役 村岡 正悦
事業内容 :「市場調査」事業、「未来予測」事業、「映像宣伝」事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
窓口:ESP総研 ドローン調査部門
TEL : 03-5762-8136  FAX : 03-5762-8036
E-mail : info@espers.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社 ESP総研
TEL:03-5762-8136
Email:info@espers.co.jp


株式会社 ESP総研の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。