筆記具専門店『KINGDOM NOTE』は、京都西陣織の技術で正絹を織り上げて製作したペンケース「鳥獣戯画(ちょうじゅうぎが)」の新商品などのオリジナル商品を、5月31日(日)まで、5%引きで発売しています。


筆記具専門店KINGDOM NOTEで西陣織のペンケース『鳥獣戯画』の新製品などをセール販売中!

シュッピン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 慶、東証マザーズ:証券コード3179)は、筆記具専門店『KINGDOM NOTE』より、京都西陣織の技術で正絹を織り上げて製作したペンケース「鳥獣戯画(ちょうじゅうぎが)」の新商品などのオリジナル商品を5月1日(金)~5月31日(水)まで5%割引のセール価格で販売しています。

<鳥獣戯画ペンケースについて>
KINGDOM NOTEでは、「鳥獣人物戯画」の中でも有名な兎と蛙が相撲をとるユーモラスな絵柄などを選び、絹織物にデザインしたオリジナルペンケースを昨年の7月に発売、ご好評をいただいています。今回、留め具の絵柄の種類に新たに「餅つき兎-黒」「跳ね兎-藍」「金魚」「龍」「蛇」の4種が加わりました。

<商品概要>
●商品名:正絹ペンケース 『鳥獣戯画』
カラー:墨・白よごし
留具:薩摩釦10種、貝留め1種の全11種
本体素材:西陣織(表生地)・起毛ポリエステル(裏生地)・真田紐(巻き紐)
留め具素材:
・薩摩釦 薩摩釦、純銀
・貝留め 貝(天然)
サイズ:通常サイズ・Lサイズ
・通常サイズ40mm×170mm
(一般的なペンが入るサイズ)
・Lサイズ40mm×210mm
(セーラー万年筆の「すす竹」用)
販売価格(税込):¥10,800~19,800円

特徴:
京都西陣織の帯の製作技術で織り上げたオリジナルの生地、伝統の製法で作られる真田紐の巻き紐、一点一点絵付けされた薩摩釦…全ての製造工程を日本国内で行う一流の素材を集めて作りました。
生地は縦糸の数を増した上質な正絹を使用した西陣織で、品の良い光沢を持つ仕上がりに。
巻き紐には伸びにくく丈夫な日本の伝統的な平紐・真田紐を使用。
留め具は江戸時代の工芸品を現代に蘇らせた薩摩釦と、天然の真珠貝の2種を用意しています。
URL:https://www.kingdomnote.com/html/1407_choujyuugiga/index.html

<その他セール中のオリジナルアイテム>
KINGDOM NOTEオリジナルインク日本の生物シリーズ「きのこ」、
KINGDOM NOTEオリジナルロールペンケース、
KINGDOM NOTE別注 DELTA万年筆 Eternita celeste(エテルニタ チェレステ)など約80アイテム

【KINGDOM NOTEについて】
モンブランやペリカン、パーカーなどの定番から希少な限定万年筆まで、常時1000本以上の中古・新品の筆記具を揃える専門店。取扱商品は万年筆・ボールペン・メカニカルペンシル・インク・筆記具関連アクセサリなど。インク類が特に豊富で、国内で他に取扱いのない輸入インクや、オリジナル商品「日本の生物シリーズ」など300種以上を取り揃えております。
新宿駅西口から徒歩3分のKINGDOM NOTE (東京都新宿区西新宿1-12-5 ぶらんしぇビル6F)では、店頭にあるほぼ全ての筆記具をゆったりとお試しいただけます。

【シュッピン株式会社について】
カメラ専門店「Map Camera」のほか、時計専門店「GMT」、筆記具専門店「KINGDOM NOTE」、自転車専門店「CROWN GEARS」を運営。それぞれ、インターネット上で新品・中古の豊富な商品を比較検討して、安心・安全に購入できるのが魅力。わずらわしい価格交渉が不要で売却ができる『ワンプライス買取』の気軽さもご支持をいただいています。

■サイトURL
「KINGDOM NOTE」
http://www.kingdomnote.com/
twitter「KINGDOME NOTE」
http://twitter.com/kingdomnote_pen

■会社概要
社名:シュッピン株式会社
所在地:〒163-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11 日廣ビル
設立:2005年8月4日
資本金:5億865万円(2015年5月現在)
代表者:代表取締役社長 鈴木 慶
URL:http://www.syuppin.co.jp/


====================
<リリースに関するお問い合わせ先>
〒163-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11 日廣ビル3F
シュッピン株式会社 経営企画室 広報担当 宮下
TEL:03-3342-0088(代表) FAX:03-3342-2665
MAIL:kaori_miyashita@syuppin.com


シュッピン株式会社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。