6月4日(木)から開催されるショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2015は、日本とアジア諸国との文化交流を促進し強化する事業を実施する国際交流基金と共催で、2015年と2016年に、東南アジア11カ国の短編映画の作品上映と国際シンポジウムを開催し、本年は6カ国の作品を取り上げます。


東南アジアショートフィルムの“熱さ”に触れる新プログラム開催決定 6カ国作品を無料上映、東南アジアを代表するショートフィルム関係者が集結

6月4日(木)から開催となります米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2015 (SSFF & ASIA)は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、日本とアジア諸国との文化交流を促進、強化するさまざまな事業を実施する国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターと共催で2015年および2016年の2年にわたり、東南アジア11カ国の短編映画の作品上映と、各国の短編映画関係者による国際シンポジウムを開催いたします。初年度となる本年は、6カ国(カンボジア・インドネシア・ラオス・シンガポール・東ティモール・フィリピン)の作品を取り上げます。

東南アジアでもその制作熱が高まっているショートフィルム。作品上映やショートフィルム関係者によるシンポジウムを通じて、日本ではまだ知られることが少ない東南アジアの「今」に迫ります。


■東南アジアプログラム&シンポジウム ~東南アジアのショートフィルムの現状と展望~
<上映> ※一部作品については監督のアフタートークあり
【日時/会場】
6月5日(金) 15:40~17:30 シダックス・カルチャーホール
6月7日(日) 11:20~13:10 表参道ヒルズ スペース オー
6月8日(月) 17:50~19:40 ブリリア ショートショート シアター
6月10日(水) 15:40~17:30 ブリリア ショートショート シアター

【参加費】
無料

<シンポジウム>
【日時/会場】
6月7日(日) 13:30~15:20 表参道ヒルズ スペース オー

【参加費】
無料

【特設サイト】
http://www.shortshorts.org/southeast_asia/
※上映作品、シンポジウム概要、来日ゲストの情報など、詳細は次頁以降および上記特設サイトをご覧下さい。

【主催】
国際交流基金アジアセンター、ショートショート実行委員会


■作品ラインアップ(上映順)
『握りしめた石ころ』 (Fistful of Peebles)
監督:Somchanrith Chap/カンボジア/6:59/2014
“グッド・バッド・ビューティフル”―カンボジア初のウェスタン映画!

『雨あがれ』 (SEPATU BARU / On Stopping the Rain)
監督:Aditya Ahmad /インドネシア/14:00/2013
少女はインドネシアの風習にならって、雨を止めようとするが・・・。

『父の手形』 (Father’s Handprint)
監督:Kesone Keola/ラオス/7:00/2015
ラオスの伝統舞踊の継承をめぐってぶつかり合う、父と息子の物語。

『マダム・タンの秘密の情熱』 
(The Secret Passion of Mdm Tan Ah Lian)
監督:Sun Koh/シンガポール/16:09/2014
マダム・タンには作家という秘密の顔がある。

『闘鶏』 (The Cock Fight)
監督:Bety Reis /東ティモール/11:00/2011
東ティモールの闘鶏場に潜入。

『オフェリアのために』 (For Ofelia)
監督:Christopher de las Alas/フィリピン/15:00/2014
女の子が欲しい母親と息子のお話。


■東南アジアシンポジウム ~東南アジアのショートフィルムの現状と展望~ パネリスト
東南アジアでは、日本や諸外国と同様に、近年のデジタルビデオカメラや映像制作ソフトの普及により、映像制作が身近なものとなり、作品は益々増えています。今回のシンポジウムでは、勢いが加速する東南アジアでの、映画産業全体におけるショートフィルムの位置づけ、制作方法、若手育成への取り組みなどついて、欧米を含む各国の短編映画業界を代表するパネリストが議論します。

カンボジア:Chea Sopheap(チェア・ソピアップ)
オーディオビジュアル・リソース・センター ディレクター補佐
カンヌ映画祭の「ある視点部門」グランプリ受賞監督でもあるリティ・パン* (Rity Panh)が代表を務めるボパナ視聴覚リソースセンターのアーキビストを経て、現職。同センターにおける10年以上のキャリアの中で、視聴覚資料の収集及びそれらの資料を活用した文化イベントや、展覧会の実施や、カンボジア国内での数々の映画祭の企画・運営に携わる。
*「リティ・パニュ」と表記されることもありますが、ご本人のご希望により「リティ・パン」と表記しております。

インドネシア:Yosep Anggi Noen(ヨセプ・アンギ・ノエン)
映画監督/プロデューサー
インドネシア・ジョグジャカルタにあるガジャ・マダ大学にて、政治とコミュニケーション学を学ぶ。アジア・フィルム・アカデミーより奨学金を受け、2014年のベルリン国際映画祭のタレントキャンパスに参加。彼が脚本を手がけた『Blossom』は韓国で製作され、釜山国際映画祭で上映。その後も数々のショートフィルムとドキュメンタリー作品を制作。『ホールインワンを言わない女』はショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2014にてグランプリを獲得。現在は、ジョグジャカルタにてインディペンデント映像制作会社 Limaenam Filmsを経営。

ラオス:Athidxay Bouandaoheaung(アーティッドサイ・ボーンダーオファン)
「DOKLAOセンター」代表/「Lao New Wave Cinema Production」共同設立者、プロデューサー
ラオス国立大学を卒業後、インドのディア・パーク・インスティチュートにて、ドキュメンタリー映画の製作を学ぶ。現在は、ラオスの農村に暮らす子供たちにニュース報道やラジオ放送、映像制作など総合的なメディア教育を実施する「DOKLAO」を主宰している。また、2009年より現地の国際映画祭である「ヴィエンチャナーレ」に主催者として参加したり、ラオス初のインディペンデント映像制作会社「Lao New Wave Cinema Production」の共同設立者として長編映画のプロデューサーも務めるなど、急速に進化するラオスの映画産業に多面的に関わっている。

シンガポール:Derek Tan (デレック・タン)
「Viddsee.com」共同創設者
映画監督、編集者として映像制作に携わるほか、アジアのショートフィルムのオンライン・ビデオ・プラットフォーム「Viddsee.com」の共同創設者でもある。監督作品に『CASHLESS』(2009)、『Minute』(2007)、『Crack』(2006)。様々な技術を通じて、メディアの消費のあり方を変化させることを目標に活動している。

ケベック、カナダ:Marie-Élaine Riou(マリー・イレーン・リウ)
サグネ国際短編映画祭 ショートフィルム選考員、ショートフィルムマーケットディレクター
カナダ・ケベック州出身のマリー・イレーン・リウは、モントリオール(カナダ)、バルセロナ(スペイン)そしてバルセロナ(アルゼンチン)で映画を学び、各国の学生短編映画製作において、プロダクション統括や、助監督なども経験。大学での経験を活かし、2012年からはカナダ・ケベック州で開催されているサグネ国際短編映画祭において、ショートフィルムの選考員としてして活躍しているほか、同映画祭のショートフィルムマーケットにおけるディレクターを担当。2015年2月には、ウェブシリーズとして「Mea Culpa」を地元の芸術団体と立ち上げた。

フランス:Bertrand Rouchit(ベルトラン・ルーシ)
クレルモンフェラン国際短編映画祭子供プログラム統括
1974年、クレルモンフェラン(フランス)生まれ。ベルトラン・ルーシは大学で法律を専攻し卒業後、クレルモンフェラン・シネマテークで映像制作会社「Comme une image…(「イメージのように」)」を共同設立。その後、Videoformesフェスティバルという映像祭に長年携わり、現在はクレルモンフェラン国際短編映画祭(CFISFF)にて5年、映画祭業界には10年以上も従事。現在、CFISFFでは「子供プログラム」の統括と、「アフリカ」のショートフィルム特集を担当。また、コンペティションでは国内部門(フランス)の選考員も務める。


SSFF & ASIA 2015オフィシャルサイト http://www.shortshorts.org/




【本発表に関するお問い合わせ先】
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア事務局(ユース・プラニング センター内)
担当:白岩(070-6469-1245)・音部(090-2316-7879)
TEL: 03-3486-0575 / FAX: 03-3499-0958
e-mail :ssffasia2015@ypcpr.com

【ショートショート フィルムフェスティバル & アジアに関するお問い合わせ先】
ショートショート実行委員会
担当:高橋(090-3049-1284) 加賀矢間
TEL:03-5474-8201 / FAX:03-5474-8202
e-mail : press@shortshorts.org
ブリリア ショートショート シアター(横浜会場)
TEL:045-633-2151


ショートショート実行委員会の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。