国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジアと横浜市は、国内外に対する「環境未来都市・横浜」の普及啓発活動の一環として、環境配慮と先端技術による未来のまちやライフスタイルをテーマとしたFutureCity Yokohama Awardの授賞式を6月6日(土)に行います。


ショートフィルムで未来のまちや暮らしについて考える 「環境未来都市・横浜」 FutureCity Yokohama Award作品上映会・授賞式 6月6日(土)

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (略称:SSFF & ASIA)と横浜市は、国内外に対する「環境未来都市・横浜」の普及啓発活動の一環として、映画祭内に横浜の名を冠した「FutureCity Yokohama Award」を2013年に設立しました。3年目となる今年も、同アワードを設置。SSFF & ASIA応募作品の中から、環境配慮と先端技術による未来のまちやライフスタイルをテーマに選ばれた作品が選考対象作品となります。映画祭実行委員会内により選出されたノミネート作品は、6月6日(土)、横浜・みなとみらいのブリリア ショートショート シアターで上映され、 FutureCity Yokohama Award授賞式が行われます。上映は無料です。

これまでの受賞作品は、「環境未来都市・環境絵日記展2014」、日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2014、横浜国立大学で開催されたヨコハマ・エコ・スクール(YES)の講座など、未来のまちや暮らしについて考えることを広めるため、様々な場所で活用されています。
6月10日(水)、6月13日(土)もブリリア ショートショート シアターにてノミネート作品の上映会がございます。

報道関係の皆様におかれましては、ぜひ告知のご協力を賜りますようお願い申し上げます。
6月6日(土)に行われるノミネート作品上映・授賞式への取材申請は添付資料内の「ご出席返信票」にてお申し込みください。

■環境未来都市とは…
環境問題や超高齢化への対応などの様々な社会的課題に総合的に取り組んで活力ある都市をつくる、国家的なプロジェクトのひとつです。横浜市は、平成23年12月、国から「環境未来都市」に選定されています。

■ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2015 「FutureCity Yokohama Award」
○「FutureCity Yokohama Award」の対象作品とは
1、都市に暮らす人々が、未来に向かって解決すべきテーマがシンプルに表現された作品
2、 子どもにも分かりやすく、映像からメッセージがストレートに伝わってくる作品
3、 未来のまちや暮らしのあり方について共感でき、環境未来都市に対する理解・関心が高まるような作品

○上映&発表日時:2015年6月6日(土) 11:20~13:10
会場:ブリリア ショートショート シアター
(横浜市西区みなとみらい5-3-1フィルミー2F)

○発表内容(予定)
・ノミネート作品上映
・受賞作品発表
・受賞者紹介&コメント

【本発表に関するお問い合わせ先】
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア事務局(ユース・プラニング センター内)
担当:白岩(070-6469-1245)・音部(090-2316-7879)
TEL: 03-3486-0575 / FAX: 03-3499-0958
e-mail :ssffasia2015@ypcpr.com

【ショートショート フィルムフェスティバル & アジアに関するお問い合わせ先】
ショートショート実行委員会
担当:高橋(090-3049-1284) 加賀矢間
TEL:03-5474-8201 / FAX:03-5474-8202
e-mail : press@shortshorts.org
ブリリア ショートショート シアター(横浜会場)
TEL:045-633-2151


ショートショート実行委員会の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。