本ファンドの資金で、熟成寿司専門の寿司屋の開業資金を募集します。


あなごファンドに続く、株式会社マリブのファンド第2弾『旨み引き出す「熟成寿司」専門店ファンド』が募集開始しました。

株式会社マリブ(代表取締役:浜口 太志、大阪府大阪市、以下、マリブ)は、音楽ファンドやセキュリテ被災地応援ファンドなどのマイクロ投資の組成・販売を行うミュージックセキュリティーズ株式会社(代表取締役:小松真実、東京都千代田区)と連携し、「旨み引き出す「熟成寿司」専門店ファンド」を立ち上げ、個人から小口で出資を募っています。本ファンドの資金で、熟成寿司専門の寿司屋の開業資金を募集します。

「穴子家 NORESORE」の真向いに出店
今回、熟成寿司の新業態に挑戦するのは「NORESORE」あなごバルファンドの営業者でもある株式会社マリブ。もともと寿司をウリにした業態であるマリブ食堂を運営しており、2015年2月11日には『「Noresore」あなごバルファンド』(ファンドは現在も募集中で、すでに326人から約1800万円を調達)の資金によって淡路島の穴子一本に絞った専門店、「穴子家NORESORE」をオープンしました。連日予約で満席の状態が続き現在1日の平均売上は約20万円です。(リクープ売上金額の1日平均は114,526円)NORESOREの出店場所は大阪の福島。福島エリアはサバ料理専門店や、エビ料理専門店、サーモン料理専門店など個性的な専門店があり、多くの食通の方たちで賑わっています。刺身の盛合せなど生の穴子を初めて食べるという驚きの声も多く、人気グルメ情報サイト「食べログ」でも3.5以上の高評価となっています。(一般的に3.5以上のお店が人気店と言われています。)前回は淡路島の穴子に特化したお店でしたので、今回は「魚」全般に目を当て、原点回帰とも言える「寿司」という業態で淡路の魅力を発信していきます。

出資者には事業の進捗と売上報告を行い、売上に応じて分配金がもらえます
出資者は事業者と匿名組合契約を締結し、ファンド対象事業の売上から分配金が支払われます。
事業の進捗状況と売上情報を共有できます。

魅力的な投資家特典
1口につき新店舗で使用できるお食事券1万円分(5,000円×2)を毎年1回お届けします。(3年間で合計30,000円相当)

【ファンドの詳細はこちら】
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid;=1115


ミュージックセキュリティーズ株式会社西日本支社
担当/山崎(ヤマザキ) 大塩(オオシオ) TEL:06-6485-7397


ミュージックセキュリティーズ株式会社西日本支社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。