バテル記念研究所(以下、バテル、オハイオ州コロンバス)は、米国エネルギー省が求めた「バイオマス熱分解によって生成される燃料の1,000時間連続生産チャレンジ」に成功したことを、2015年4月22日に発表しました。


バテル記念研究所がコストとリスクを抑えたバイオマス熱分解において1,200時間の連続反応を達成

バテル記念研究所(以下、バテル、オハイオ州コロンバス)は、米国エネルギー省が求めた「バイオマス熱分解によって生成される燃料の1,000時間連続生産チャレンジ」に成功したことを、2015年4月22日に発表しました。

今回のチャレンジによって、バテルの研究者とエンジニアはバイオマス熱分解から生成されるバイオ油成分を、輸送・航空用へと精製する持続的な水素化処理法の有効性を実証することができました。

商用に耐えうる質と生産量の確保を目的とした米国エネルギー省のリクエストは、1ユニットの触媒あたり最低1,000時間の持続的可能な水素処理技術の開発でした。これを達成するためのこれまでの最大の課題は、バイオマス熱分解生成油をバイオ燃料へと精製する際に必要な水素処理触媒の寿命をこの要求に対応させることでした。

バテルはパシフィック・ノースウェスト国立研究所(以下PNNL)と共同でこの課題に取り組み、短時間でいくつかの問題を克服し、1,200時間の連続水素触媒反応を達成しました。研究者たちは、引き続き商用化に向けた4,000時間の反応時間を達成することを目標としています。

熱分解プロセスとは、バイオマスを高温に熱し、ガスとバイオ油を生成するプロセスです。熱分解の利点はバイオマスの有機物全てを利用できる点、発酵による二酸化炭素の排出がない点、高価な酵素類や特殊な微生物の必要がない点です。今回のバテルによるチャレンジが行われる以前では、熱分解プロセスで生成されるバイオ油をバイオ燃料に変える水素化処理は、最長100時間程度しか持続することができませんでした。

バテルは、Marathon Petroleum社と、バイオ燃料評価において連携し、PNNLとバイオ燃料の安定的な触媒開発において提供しました。

バテルはバイオ燃料分野の研究開発にコミットしており、バイオ化学の市場機会にも注視しています。「バイオ化学がバイオ燃料への道を切り開く、これが私達の戦略です。競合はいますが、今回のチャレンジによって私たちは一歩リードすることができました。」とバテルのエネルギー・ヘルス・環境ビジネスの副社長であるドリュー・ボンド氏は述べています。

2011年よりバテルのエネルギー・ヘルス・環境ビジネスはマーティー・トゥーマージャン氏によって率いられ、熱分解システムによるバイオ燃料の生産に力を注いできました。「エネルギー確保の問題は、エネルギー源の多様性につきます。私達には化石燃料があるわけですが、それに依存し過ぎてはいけません。しかしながら、再生可能エネルギーのみに頼ることもできません。ですからバテルは、化石燃料と再生可能エネルギーの両方を最大限に戦略的に活用するのです。」と述べています。

プレスリリース原文:
http://www.battelle.org/media/press-releases/battelle-team-passes-important-department-of-energy-pyrolysis-milestone#sthash.2bgwXufR.dpuf

【パシフィック・ノースウェスト国立研究所について】
パシフィック・ノースウェスト国立研究所は、バテル記念研究所が管理する国立研究所の一つです。PNNLの科学的発見やイノベーションは、燃費の良いクルマを作り、信頼性が高く効率の良い電力グリッドを生み出してきました。そして、PNNLはエネルギー問題や国防の問題等の大きな問題に取り組んでいます。
URL  : http://www.pnnl.gov/

【バテル記念研究所について】
バテル記念研究所は1929年に米オハイオ州で設立された世界最大規模の非営利研究機関です。設立以来、アメリカのエネルギー政策、環境政策、ホームランドセキュリティーなど、さまざまな分野で研究開発を行い、ゼロックスコピー機の事業化、コンパクトディスクやバーコード開発などの成果を上げてきました。
所在地 : 505 King Avenue, Columbus, OH 43201
設立  : 1929年
代表者 : 代表取締役兼CEO Jeffrey Wadsworth
URL  : http://battelle.org/
事業内容: 研究所の運営管理、エネルギー・環境・医療・ナショナルセエキュリティ分野などの受託研究開発

【バテルジャパン株式会社について】
バテルジャパン株式会社は、1970年より共同で新技術の研究開発や技術開発支援などを3,000件以上行ってきたバテル記念研究所と三菱商事株式会社との合弁会社として2006年に設立されました。「最先端の科学技術から、明日のビジネスイノベーションへ」をスローガンに、バテル記念研究所の研究者たちとの連携を通して日本およびアジアの企業に科学技術とビジネス戦略の融合、世界をつなぐマーケット・デベロップメント、シーズ育成支援サービスを提供しています。
所在地:東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル17F
代表者:代表取締役 ジェラルド・ハネ
設立:2006年2月
資本金:1億円
URL: http://www.battelle-japan.co.jp
事業内容: 受託研究開発、技術開発に基づいた事業化・技術戦略提案、海外動向調査


【本件に関するお問い合わせ先】
 企業名 :バテルジャパン株式会社
 担当者名:村上・松原
 TEL:03‐3593‐2190
 Mail: info@battelle-japan.co.jp


バテルジャパン株式会社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。