cat.name

株式会社ライフメディアは、農業に関する調査を実施しました。


世界農業遺産を知っている人は5% - 農業に関する調査

株式会社ライフメディア(代表取締役社長 宮澤 徹 東京都世田谷区)は、農業に関する調査を実施しました。

調査方法は株式会社ライフメディアが運営する『ライフメディア』( http://lifemedia.jp/)にてインターネットリサーチを実施。
調査期間:2015年4月2日から4月8日
有効回答:1200サンプル
調査対象:20代から50代の全国男女

▼リサーチ結果-リサーチバンク( http://research.lifemedia.jp/)
http://research.lifemedia.jp/2015/04/150422_agriculture.html


【調査サマリー】

■20代から50代の全国男女に対し、野菜や果物を購入する際に重視することを尋ねたところ、男性は「価格が安いこと」女性は「新鮮であること」が上位になった。

■20代から50代の全国男女に対し、農作業体験をしてみたいか尋ねたところ、「体験したい・体験している」と答えたのは、42%だった。4割以上が農作業に対して、関心がある結果となった。

■農作業を「体験したい・体験している」と答えた人に対し、現在どのような農作業をしているか尋ねたところ、半数以上が「現在は特にしていない」という結果になり、関心はあるものの、何もしていない人が大半であることがわかった。

■農作業を「体験したい・体験している」と答えた人に対し、今後行いたい農作業体験について尋ねたところ、「自宅での家庭菜園」が69%でもっとも多かった。

■20代から50代の全国男女に対し、TPPへの参加により、農業や食の安全に対してメリット・デメリットどちらが多いと考えるか尋ねたところ、男性は「メリット、デメリット同じくらい」と思う人が多く、女性は「わからない」と思う人が多い結果になった。

■20代から50代の全国男女に対し、世界農業遺産を知っているか尋ねたところ、「知ったいた」人は5%程度だった。

■世界農業遺産を「知っていた・聞いたことがある」人に対し、認定された地域で知っているものを尋ねたところ、「トキと共生する佐渡の里山(新潟県)」がもっとも多い結果になった。34%は「知っているものはない」と答えており、世界農業遺産だけでなく、認定された地域への認知度も低いという結果になった。

※ライフメディアについて
1996年に世界で初めて開始されたワントゥワンの対話型マーケティング・コミュニケーション・サービスです。
ロイヤルティが高く多様な属性をカバーする約54万人のアクティブ・メンバーに対して属性絞り込み配信やWebアンケートによるレスポンス回収を行うことで、高度なリサーチ、洗練された対話型プロモーション、効果的な広告など幅広いマーケティング・ニーズに応えることができます。

『リサーチバンク』に関するお問い合わせ
株式会社ライフメディア
広報担当 生方(うぶかた)
お問い合わせ:pr@lifemedia.co.jp


株式会社ライフメディアの関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。