cat.name

株式会社ライフメディアは、ゴールデンウィークに関する調査(2015年)を実施しました。


GWは「自宅周辺で過ごす」人が多い - ゴールデンウィークに関する調査(2015年)


株式会社ライフメディア(代表取締役社長 宮澤 徹 東京都世田谷区)は、ゴールデンウィークに関する調査(2015年)を実施しました。




調査方法は株式会社ライフメディアが運営する『ライフメディア』(

http://lifemedia.jp/

)にてインターネットリサーチを実施。


調査期間:2015年4月7日から4月8日


有効回答:1200サンプル


調査対象:20代から50代の会社員・公務員の男女




▼リサーチ結果-リサーチバンク(

http://research.lifemedia.jp/

)



http://research.lifemedia.jp/2015/04/150415_gw.html







【調査サマリー】




■20代から50代の会社員・公務員に対し、今年のゴールデンウィークの予定休暇日数について尋ねたところ、「5日(20%)」「8日(16%)」が多かった。




■GWの休暇が2日以上予定されている人に対し、最大連休日数を尋ねたところ、「5連休」が43%でもっとも多い結果になった。




■GWに休暇がある予定の人に対し、GWの過ごし方を決める情報について尋ねたところ、「インターネットの情報」が52%でもっとも多かった。続いて「テレビ・ラジオ(35%)」「家族の話(27%)」が多かった。




■GWに休暇がある予定の人に対し、GWにする予定のことを尋ねたところ、「自宅周辺で過ごす」人が29%でもっとも多く、「特に予定はない(24%)」「日帰り旅行(24%)」と続いた。




■GWに休暇がある予定の人に対し、GW中の予算が昨年と比べてどうか尋ねたところ、72%が「変わらない」と回答。




■GWに休暇がある予定の人に対し、GWが楽しみか尋ねたところ、58%が「とても楽しみ」「楽しみ」と回答した。反対に「楽しみではない」「憂鬱」と答えたのは、9%だった。




■20代から50代の会社員・公務員に対し、大型連休の過ごし方について尋ねたところ、「家でゴロゴロ」派が60%、「アウトドア」派が40%という結果になった。






※ライフメディアについて


1996年に世界で初めて開始されたワントゥワンの対話型マーケティング・コミュニケーション・サービスです。


ロイヤルティが高く多様な属性をカバーする約54万人のアクティブ・メンバーに対して属性絞り込み配信やWebアンケートによるレスポンス回収を行うことで、高度なリサーチ、洗練された対話型プロモーション、効果的な広告など幅広いマーケティング・ニーズに応えることができます。




『リサーチバンク』に関するお問い合わせ


株式会社ライフメディア


広報担当 生方(うぶかた)


お問い合わせ:pr@lifemedia.co.jp





株式会社ライフメディアの関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。