謎解きイベントを制作しているクロネコキューブ株式会社(所在地:兵庫県神戸市東灘区森南町2-8-2)が自社オフィスcanariaビルにて開催している体感型脱出ゲーム「MEMORY」の延長公演を開催します。


映像機器を駆使した脱出ゲーム「MEMORY」が好評につき延長公演を開催します


「MEMORY」は参加者自身が主人公となり、謎を解いて物語を進めていく参加型ゲームです。共に閉じ込められた仲間と協力し、鍵を手に入れて脱出を目指します。プレーヤーは不思議な機械を操作し、ある人物の記憶の中に隠された情報をもとに、謎を解いていきます。リモート撮影機器を扱っている、兄弟会社カナリア株式会社の全面協力のもと、映像機器を駆使したギミックを随所に盛り込んでいます。まるで映画の世界に迷い込んだような、ワクワク感が好評で、このたび延長公演が決定しました。




<ストーリー>


あの日、あの時、何があったのか……


あなたが訪れたのは、


何年か前にある事件が起こってから、


誰も訪れることが無くなった家。


あなたはある特殊な装置を手に、


この家に眠る記憶の謎を明らかにすることになる。


全ての記憶を解き明かしたときに、


あなたに待ち受ける真実とは……?




<開催概要>


開催日:4月4日(土)~ 原則土日祝日開催


入場料


・一般:前売 2800 円/当日 3300 円


・学生:前売 2300 円/当日 2800 円


所要時間:解説含めて 1 公演あたり 100 分ほど


開催場所:658-0011 兵庫県神戸市東灘区森南町 2-8-2 canaria ビル


公式 HP:

http://www.blackcats-cube.com/event/memory/





<運営会社>


・クロネコキューブ株式会社


2011 年に行われた神戸市の「デザインの日記念イベント 2011」をきっかけに発足。その後、活動を重ねて 2013 年に法人化。 神戸を本拠地とし、参加型謎解きイベントの企画・制作・運営のほか、研修事業や地域活性化事業なども手がける。主な公演実績として、神戸市営地下鉄御崎車両基地で行った「海岸線大脱出」や、海遊館とコラボした「海遊館と亡霊客船」がある。


・代表者


代表取締役 岡田 充弘


取締役ディレクター 喜多 亮介


・所在地 〒658-0011 兵庫県神戸市東灘区森南町2-8-2  canariaビル


・設立 2013 年 4 月 1 日


・事業内容


イベントの企画 / 運営 / 実施


研修および教育事業


地域振興を目的としたサービスの提供




<お問い合わせ先>


・電話番号:090-2079-1036 担当 喜多亮介(きだ りょうすけ)


・email:kida@blackcats-cube.co.jp


・URL:

http://www.blackcats-cube.com/






カナリア株式会社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。