株式会社Resorzが運営する、海外進出ビジネスに特化したポータルサイト「Digima~出島~(http://www.digima-japan.com)」では、4月22(水)日に海外進出支援のプロ3人が語る、フィリピン進出のためのビジネスセミナーを開催いたします。


【Digima~出島~海外ビジネスセミナー】たった1日で丸わかり!『海外進出いろはセミナー【フィリピン進出編】』4月22日(水)開催のお知らせ

報道関係者各位
2015年3月24日     
                                                   
株式会社Resorz(本社:東京都目黒区、代表取締役:兒嶋 裕貴)が運営する、海外進出ビジネスに特化したポータルサイト「Digima~出島~」(URL: http://www.digima-japan.com/)では4月22日(水)に海外進出支援のプロ3名が語るフィリピンへの進出成功までの3つのステップ、「現地市場動向・法人登記・販路開拓・人材サポート」などについてお話する海外進出セミナーを開催いたします。


【海外進出いろはセミナーとは?】

海外進出時の「いろは」が一日でわかる「Digima~出島~」主催の特別セミナーです。過去7000件以上の海外進出相談を受けた実績から、独自にそれぞれの国についての「進出のいろは」を抽出。一日受ければ現地の基礎情報から会社設立手続き、進出後の販路開拓、現地人材採用まで、広い知識を身につける事ができるセミナーになっております。

「海外進出を検討しているが、まずどうしたらよいかわからない」
「一日で色々な角度から進出国の具体的な話を聞きたい」
「進出支援の専門家の話を聞きたい」

という方にぴったりのセミナーとなっております。


【「フィリピン進出のいろはセミナー」とは?】

海外現地への進出には下記の3つのSTEPが必要となります。

STEP1【市場動向を知る】
・経済・政治状況は安定しているのか?
・インフラ状況は整っているのか?
・市場の適正はどうなのか?マーケット状況は進出メリットがあるのか?
・各種サービスの許認可取得の必要性・方法とは?

STEP2【会社設立する】
・最も効率のいい進出形態は
・会社設立に必要な条件・手続きとは?
・会社設立までかかる期間はどれくらいか?
・会社設立に必要な費用はどれくらいなのか?
・フィリピン独自の法制度があるのか?
・M&A;の可能性と注意点

STEP3【現地での販路開拓】
・現地でどの様なプロモーション方法があるのか?
・卸先の開拓方法とは?
・ITインフラ状況は
・日本人駐在員選定
・フィリピン人材採用、育成

セミナーでは各STEPについてそれぞれ別の専門家が内容にそった話をします。

『海外進出いろはセミナー【フィリピン進出編】』詳細情報ページはこちら
https://www.digima-japan.com/seminar_inspection/seminar/25549/seminar-25-2.html


■フィリピン進出のメリットとは?

【メリット1】 「豊富な外資優遇措置があること」
フィリピンには200以上の経済特区が設置されており、多くの海外企業が入居しています。外資優遇制度の申請は業種と事業内容によって異なりますが、投資委員会(BOI)、フィリピン経済区庁(PEZA)などの代表部に申請します。両機関ともに条件を満たせば優遇措置を受けることができます。 なお、BOI登録企業かつエコゾーンに入居する企業には以下の優遇措置が与えられます。

・4~8年間の法人所得税免税(インカム・タックス・ホリデー)が適用
・法人所得税免税後、全ての中央・地方税に代わる特別税5%が適用
・機械設備、スペアパーツ、原材料の輸入関税の免税
・外国人労働者を雇用することが可能
・社員の研修など人材育成費用の税控除
・外国人投資家および家族に永住権保証
・100%外国資本企業が認可

【メリット2】 「安定した経済成長」
フィリピンは、成長著しい新興国の一つとして注目を集めています。2011年は欧州債務危機の影響等で経済成長は減速しましたが、2012年のGDP成長率はASEANでもトップと、堅実な経済成長基調にあります。

【メリット3】「 高齢化していない人口構成」
国連は、フィリピンの人口ボーナスのピークは2045年頃になると予想しており、フィリピン経済は長期的に内需をけん引役として、底堅い動きが続くと見られています。人口ボーナスとは、生産年齢(15~64 歳)人口が総人口に占める割合を言います。 この割合が高いと、労働力が豊富で消費や税収が増え、教育や医療、年金など社会福祉の負担が軽いことを意味し、貯蓄率の上昇や投資の活発化から経済成長の要因となると言われています。 ちなみに日本は高度成長期に人口ボーナス期を迎えています。

【メリット4】「 世界で3番目に英語を話す人が多い」
フィリピンは世界で3番目に英語を話す人が多い国と言われており、東南アジア唯一の英語圏です。 そのため現地労働者と直接英語で会話できるというのが最大の魅力と言えます。

【メリット5】 「地理的に日本と近い」
地理的に日本と近く、また、東アジアを見ると、フィリピンはちょうど中心に位置しています。ASEAN等他国へ移動しやすいのが特長です。

【メリット6】 「経済の中心地は治安もいい」
治安等心配される企業様も多いと思いますが、他のアジア諸国と比べても特段の危険が有るわけではありません。 中でもフィリピン経済の中心「マカティ地区」は治安が良く、インフラも整備されており、多くの日系企業がこの地区にオフィスを構えています。 最低限のルールさえ守れば、フィリピンは暮らしやすい国だと言えます。


【フィリピン進出いろはセミナー開催概要】

■開催日時
2015年4月22日(水)13:15~17:00(13:00開場)

■主催:Digima~出島~ (株式会社Resorz)

■会場『オフィス24スタジオ』
東京都新宿区西新宿7-11-1 宝塚大学 東京新宿キャンパス1F(各線新宿西口より徒歩5分程)
こちらのページの地図をご確認ください。 http://www.office24studio.jp/info.php

■定員限定30名
※お席に制限がございます。申込み後のキャンセルはお控えください。定員になり次第申込終了といたします。

■プログラム

13時00分~13時15分 受付
13時15分~13時20分 出島からの挨拶

13時20分~14時20分<第1章> 内容:「フィリピン基礎知識・最新動向」  
・フィリピンを知る
・フィリピンの最新現状
・フィリピンの可能性
・ビジネスの可能性(業種別に紹介)
・現地との交流(現地人とのSkype対話、質問)

14時20分~15時20分<第2章> 内容:「会社設立・法務・運営の問題」
・フィリピン進出に際して必要な基本的な法令に関する知識
・外資規制、進出形態
・会計・税務の制度概要
・M&A;の可能性と留意点等

15時20分~15時30分 休憩

15時30分~16時30分<第3章> 内容:「フィリピン進出後の留意点・販路開拓・人材について」
・フィリピンマーケットの特徴
・オフィス、住居関連
・人材(人材の質、特徴、人材採用、教育)について
・フィリピンでの営業活動
・フィリピンで事業を成功させるための秘訣


16時30分~16時45分<第4章>  名刺交換タイム
ご登壇いただきましたプロフェッショナル3名の方々と名刺交換の時間を設けております。
※セミナー内容は予告なく変更される可能性がございます。予めご了承下さい。

■参加費3,000円(税込)
※領収証は当日お渡しいたします

■こんな方にオススメ!

◆フィリピン進出に興味がある
◆フィリピン進出を検討している
◆フィリピン進出をすでにしている。 など

【ご予約】

■Webお申込み
https://www.digima-japan.com/seminar_inspection/seminar/25549/seminar-25-2.html

■電話予約 : 0120-979-938


◆「Digima~出島~」とは?
本サービス「Digima~出島~」( http://www.digima-japan.com/)は海外進出に関する全ての情報が集約された海外ビジネス専門ポータルサイトです。「グローバル市場で成功する日本企業を10,000社作る」をモットーに、海外進出サポートのプロフェッショナル企業のみを掲載し、日本企業の海外進出の敷居を下げ、日本市場の活性化を目指します。現在、海外進出サポート企業600社以上と提携し、日本企業の海外進出をサポートしております。

(進出サポートジャンル例)
海外進出総合サポート/コンサルティング/拠点設立・登記代行/市場調査・マーケティング/海外企業調査/海外広告・海外SEO/海外視察/海外販路拡大・営業支援/翻訳・通訳/海外保険/多言語サイト制作/海外向けECサイト構築/物流サポート/輸出・貿易・通関サポート/海外資材・材料調達/海外展示会/海外不動産・レンタルオフィス/海外法務/海外税務・会計/海外ECモール出品代行/インバウンド/海外出張/海外商標・特許取得/海外人材採用・紹介/海外労務サポート/グローバル人材育成/語学研修  など

(進出先エリア例)
中国/香港/シンガポール/台湾/インドネシア/台湾/ベトナム/タイ/フィリピン/マレーシア/インド/ミャンマー/バングラディッシュ/カンボジア/モンゴル/アメリカ/ヨーロッパ/アフリカ/オセアニア/ロシアなど

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社Resorz
担当者名:高島優季
TEL:03-6451-2717
Email:press@resorz.co.jp


株式会社Resorzの関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。