cat.name
株式会社Bulluck(所在地:東京都府中市白糸台2丁目43−13、代表者:宮川和樹)によるニュースリリース・プレスリリースのご案内です。


「日焼けチャンネル」は、日焼けするための方法、日焼け・夏に関する周辺情報、日焼けして活躍している有名人などの日焼けに特化したメディアサイトです。


日本を日焼けで、元気に!日焼けに特化したメディアサイト「日焼けチャンネル」を提供

株式会社Bulluck(所在地:東京都港区、代表取締役:宮川和樹)は、メディアサイト「日焼けチャンネル」を提供します。

■メディアサイト「日焼けチャンネル」
http://hiyake1696.com/


【背景】
1980年~90年。今の日本からは考えられないほど国全体に勢いがあり、好景気に皆が浮かれる「バブル」と呼ばれる時代が日本にもありました。
そして、バブル崩壊から約25年。日本経済は成長するどころか、停滞。「失われた25年」とまで揶揄もされています。
バブルが崩壊した後も1990年代には、「アムラー」「コギャル」「マンバ」「ギャル男」ブームが到来し、若者を中心に日本は盛り上がりかけました。
しかし、2000年に入ると美白ブームが到来し、日焼けを好む人口は著しく低下しました。

また、近年では女性だけでなく、男性の若者の中でも「草食系男子」と称された、心がか弱く、男らしさに縛られておらず、恋愛にガツガツせず、傷ついたり傷つけたりすることが苦手な男子が増加。日焼けをしないのはもちろんのこと、恋愛や日常生活において積極的にエネルギーを発散しない人々が増えています。

我々は、日本経済が停滞する理由のひとつとして、日本人が日焼けをしなくなっている、過剰な美白意識が蔓延していることが要因といっても過言ではないと考えています。
もちろん過度に紫外線を浴びると皮膚にもダメージがあります。しかし、現在の日本では「日焼け=悪」というイメージが強調され過ぎています。
日焼けをすることは、悪いことだけでなく、人間にとって良い影響もたくさんあることを忘れてはなりません。

「日本を日焼けで、元気に」~あの時の輝きをもう一度~

日焼けチャンネルは日本が再び、エネルギッシュで、未来に対して希望に満ち溢れた「ポジティブマインド」を持つ日本人で溢れるために企画致しました。


【製品・サービスの概要】
「日焼けチャンネル」は、日焼けするための方法、日焼け・夏に関する周辺情報、日焼けして活躍している有名人などの日焼けに特化したメディアサイトです。
我々は2パターンの方々を対象として、このサービスを提供しています。

1つは、現在日焼けすることを好み、私生活も派手でパーティーやクラブイベント、海などが大好きな若者です。
パーティーピーポーとも称される日焼けを好む若者に特化したメディアサイトは現在ありません。そこで日焼けチャンネルは彼らが求めている海の情報、フェスの情報、季節ごとのパーティーなどのイベント情報を提供し、彼らの行きつけとなるようなメディアサイトを企画しております。

2つは、日焼けしてみたい、日焼けすることに興味がある潜在的なニーズがある若者です。
美白ブームとはいえ、男女ともに日焼けに関して興味関心がある人は少なからずいます。しかし現在のメディアでは日焼けを防止するための情報は豊富に提供されていますが、日焼けをするための情報提供に特化したメディアはありません。
そこで、日焼けチャンネルは日焼けする方法の情報提供、日焼けして活躍されている人の事例を提供し、不安なく安全に日焼けできるメディアサイトを企画しております。


<3つの特長>
1:今までにない日焼けすることを推奨するメディアサイト
近年は美白ブームと言われていますが、日焼けを好む人、日焼けをしたい人が数多く存在していることは事実です。日焼けチャンネルは、彼らに対して有意義となる情報提供を行い、日焼けをする人たちが自然と集まってくるプラットフォームにします。

2:SNSと連携した情報提供
日焼けチャンネルは、基本的に10代から30代前半の若者をターゲットとしています。彼らが日常的に使用するツールとして、インスタグラム、ツイッター、フェイスブックなどのSNSがあります。これらのSNSと連携をすることによって、ターゲットとしている若者に対して漏れなく情報を提供できるようにしています。

3:写真を中心とした情報提供
日焼けチャンネルで提供している記事は、基本的に写真が中心であります。これはターゲットとなる若者の生活習慣がSNS中心で、あまり長文を読まない傾向があるためであります。理屈を並べる文字中心の記事ではなく、あえて直感でわかるような写真中心の記事にしてあります。


【今後の展望】
「日本を日焼けで、元気に」
株式会社Bulluckは「日焼け」という文化を通じて、一人でも多くの日本人が毎日を楽しく、笑って過ごせる世の中を実現させます。
「日焼けチャンネル」がその火付け役となるよう努めてまいります。


【株式会社Bulluckについて】
本社:〒183-0011 東京都府中市白糸台2丁目43−13
代表者:代表取締役社長 宮川和樹
Mail:info@bulluck.co.jp
URL:http://bulluck.co.jp/
事業内容:エンジニアリング事業/広告プロモーション事業/経営コンサルティング事業/Webメディア事業/プリンシパルインベストメント事業


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社Bulluck
担当者名:宇津木純一
TEL:08055157351
Email: utsugi@bulluck.co.jp



本件に関するお問い合わせ先

http://hiyake1696.com/


株式会社Bulluckの関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。