cat.name
フリービット株式会社(所在地:不明、代表者:田中 伸明)によるニュースリリース・プレスリリースのご案内です。


「モバビジ」は、従来のビジネスホンが不要となる、スマホ時代の新定番ビジネスホンとして、ビジネスに利用できる高品質な音声通話と通信コストの大幅削減を実現し、企業のコスト削減や生産性の向上に貢献します。


通話料金を最大78%削減できる全く新しいビジネスホンサービス「モバビジ」を発表

フリービット、通話料金を最大78%※1削減できる
全く新しいビジネスホンサービス「モバビジ」を発表
~スマホが普及した今、30年間大きな変化が起きていないビジネスホンを
最新のクラウド/モバイルネットワーク技術によって革新する新クラウド型PBXサービス~

フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締社長:田中伸明、以下「フリービット」)は、お客様オフィス内に従来のPBX(Private Branch eXchange:構内交換機)を設置することなく、専用アプリケーションをインストールしたスマートフォンで内線通話機能や固定電話番号による発着信を実現する、法人向けクラウド型PBXサービス「モバビジ」を発表いたします。フリービットは、30年間大きな変化が起きていないビジネスホン市場において、独自技術を用いてビジネスに利用できる高品質な音声通話と通信コストの大幅削減を両立する画期的な新サービス「モバビジ」で、1,500億円を超える市場規模があるPBX/ビジネスホン市場※2おいて、新たな時代のスタンダードとなるべく、シェアを拡大してまいります。

ビジネス形態の多様化に伴い既存設備のクラウド化が進む中、最近ではPBXをはじめとする音声設備をクラウド化し、移動体通信と固定通信を融合させたFMC(Fixed Mobile Convergence)サービスに対する需要が高まっています。しかしながら従来のクラウド型PBXサービスは、利便性やコストメリットが高まるものの、通話品質がインターネット電話相当になるという課題を抱えていました。そこでフリービットは、世界各国で特許を取得したフリービット独自技術のEmotion Link(Emotion Link Active Node)をはじめとした最新の技術を活用し、音声通話に最適なネットワーク経路の確立と、スマートフォンの端末内遅延を最小化する技術を組み合わせることで、ビジネスユースの通話品質を満たしたビジネスホンサービスを開発しました。
ネットワーク構成においては、東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社が提供するNGN(Next Generation Network)とフリービットのMVNO網を接続し、音声データのみを、クラウド型PBXを経由しないP2P(Peer to Peer)通信にすることで、サーバ遅延の影響を最大限に排除したネットワーク経路を確立しました。加えて、音声の端末内遅延の事象が確認されているAndroid端末においては、音声データを分割する独自機能を専用アプリケーションに実装することで音声遅延を軽減し、総合的な通話品質の向上を図りました。

「モバビジ」は、低予算かつ短期間で導入可能なため、規模の大小を問わず幅広い企業においてご利用いただくことが可能なサービスです。「モバビジ」によって、スマートフォンを社内外問わず通話料無料の内線電話機として利用することで、通話料金の大幅削減が可能になります。また、いつでもどこでも固定電話番号(0AB-J番号)で通話できることで、機会損失の削減が期待できます。
フリービットは、クラウドサービス及びモバイルサービスの提供を通じて培ってきた技術力や運用ノウハウを生かし、時代の変化や新たな顧客のニーズに対応した最適な音声通話サービスを提供すべく、クラウド型PBXサービス「モバビジ」を開発いたしました。今後は、アプリケーションの対応OS/OSバージョンの早期追加や、従来の電話機と同じような操作性/機能を持つクレードルの提供等、サービスラインアップを拡充し、さらなる顧客満足度の向上を目指します。
フリービットは、「モバビジ」の提供を通じて、企業のコスト削減と生産性の向上に貢献するとともに、独自に構築した販売代理店網を通じて全国の法人企業に対する販売を加速し、PBX/ビジネスホン市場におけるシェアを迅速に拡大してまいります。


■サービス導入メリット
・通話料金の削減「モバビジ」を利用することで、専用アプリケーションをインストールしたスマートフォン間の内線通話が可能となり、通話料が無料になります。そのため、外出先のスマートフォンとオフィス間においても通話料無料の内線通話が可能になります。また、外線発信に関してもひかり電話の通話料金が適用されるため、通常の携帯電話の通話料金に比べて割安となり、利用ケースによっては最大78%※1の通話料金が削減できます。

・音声設備及び運用コストの削減
お客様オフィス内に設置された東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社のひかり電話を
活用するため新たな回線工事は発生せず、電話番号についても現在お使いの番号を引き続きご利用頂けます。PBXをクラウド化することにより、PBX設置スペースの削減はもちろん、機器費用、保守/運用費用が不要になることに加え、導入や運用に携わるエンジニアのリソースを他の業務に活用することが可能になります。

・BYOD(Bring Your Own Device)の促進
「モバビジ」は契約キャリアを問わない「キャリアフリー」、スマートフォン以外にタブレットでも使用できる「デバイスフリー」、及び3G/LTE/WiFi等インターネットへの接続種別を問わない「アクセスフリー」なサービスの為、社員が個人所有するスマートフォンを業務に活用するBYODにおいても、キャリア/端末/回線を統一する必要なく、スムーズな導入が可能になります。
専用アプリケーションをインストールするだけで、社員の個人所有の端末を会社携帯として利用することが出来るため、社員に貸与するスマートフォン端末代金や基本料等の費用負担がなくなります。また、専用アプリケーションには電話帳、留守番電話、転送等のビジネスで活用する様々な機能が搭載されているため、外出時における生産性の向上が期待できます。

【ご利用イメージ】


【ネットワーク構成】

【モバビジ専用アプリケーション「モバビジ(Android版)」の概要】
リリース日:2016年3月10日(木)
対応OS:Android 4.2以上(6.0未対応)
                                モバビジ(Android版)

なお、iPhoneやiPad等のiOS搭載製品対応のアプリケーション「モバビジ(iOS版)」は、2016年4月以降の提供を予定しております。

■ 「モバビジ」及び「Emotion Link」に関するお問い合わせ
フリービット株式会社 B2B事業部 クラウドビジネス部
サービスサイト:https://www.mobabiji.jp/
MAIL:mobabiji-sales@freebit.net 電話番号:0120-570-422

■「Emotion Link」について
既存のTCP/IPネットワーク上に仮想的なネットワークをセキュアに構築する事により、NATやファイヤウォールを越えて、自由度が高く安全な通信を実現する技術です。物理的なネットワークに依存しない通信が可能となる為、フレキシブルなソフトウェアVPNの構築や、情報家電等のネットワーク機器のセキュアなリモートコントロール等、応用範囲は多岐に渡ります。
■「Emotion Link Active Node」について
「Emotion Link Active Node」は、OverLay Internet プラットフォーム(注1)「Emotion Link」のライ ンナップの一つです。アプリケーション自体に「Emotion Link」環境を内包させることで、利便性と汎用性を高めています。これによって独自のIP アドレス(EL アドレス)を、ネットワークデバイスのみならずアプリケーションに直接割り当てることが可能となり、アプリケーションをインターネットの「自律ノード化」(注2)することを実現した全く新しいソリューションです。
(注1) OverLay Internetプラットフォーム
既存のインターネットの仕組みの上に仮想的なネットワークを架設し、より自由で安全な通信を実現する仕組み。
(注2) 自律ノード化
膨大なネットワーク空間で個体認識が可能となり、あらゆる機器やアプリケーションに対してインターネットサイドからアクセスすることが可能になること。

以上

※ すべてのブランド、製品名、会社名、商標、サービスマークは各社に権利が帰属します。
※ iPhone、iPadは、米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です(iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています)。
※ iOS は米国および他の国々で登録された Cisco の商標です。
※ Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※1 該当数値の算出前提条件は、https://mobabiji.jpをご参照ください。
※2 出典 株式会社富士キメラ総研「2015 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧(上巻)」

【フリービット株式会社について】
フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力によって、クラウド化する社会に対応する「Smart Infra提供事業」を行っています。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない独自のネットワークサービスを展開し、「IT時代のものづくり」をキーワードに新たな価値の創造に努めております。

【報道関係者からのお問い合わせ】
フリービット株式会社 グループ経営管理本部 コミュニケーション推進部 PR・IR 広報担当
Mail: press@freebit.net 電話番号:050-7535-0524



本件に関するお問い合わせ先

https://www.mobabiji.jp/


フリービット株式会社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。