cat.name
システム向上を求める会 星のドラゴンクエスト(所在地:不明、代表者:不明)によるニュースリリース・プレスリリースのご案内です。


スマートフォンアプリゲーム「星のドラゴンクエスト」で、先日話題となったアプリゲーム「グランブルーファンタジー」に続き、問題点を多々指摘されている。


1つの装備に30万円!?「星のドラゴンクエスト」

さて今回の争点となったスマートフォンアプリゲーム「星のドラゴンクエスト」についてですが、先日話題となったアプリゲーム「グランブルーファンタジー」に続き、問題点を多々指摘されており、以下に列挙します。同ゲームアプリのみならず、引いては今後のソーシャルゲーム業界全体の規制・改善に繋がればと考えています。賛同頂ける方はよろしくお願いいたします。

1.装備ひとつに30万円!?
本ゲーム内には有料アイテム「ジェム」を消費して行うふくびき(ガチャ)と呼ばれるシステムが採用されており、1回300ジェム(1ジェム=1円)で行うことができます。ふくびきを行うことで、ゲーム内で使用できる様々な等級の装備が排出されます。(最高等級☆5排出率7%、その下の等級☆4排出率68%、さらに下☆3排出率25%)
リリース当初は☆5が約20種類程度でしたが、どんどん数を増し、現在はなんと約70種類となっています。 しかし排出割合は7%と固定されているため、ある一つの装備を入手できる確率は約0.1%と非常に低く設定される事態となっています。

つまり、ある装備を入手するには単純計算で1000回のふくびきが必要になります。金額にすると300円×1000回=30万円必要と計算されます。
その確率設定だけでも常識を大きく逸脱していますが、歴代ドラゴンクエストで使用された人気装備を追加し、さらには大々的に広告することで 射幸心を著しく煽ることを繰り返しています。
ドラゴンクエストというブランド力の高い、ファンの多いゲームであることも加担し、多数の被害者が報告されています。大人から子供まで認知されているゲームで、この確率設定は問題と言わざるを得ません。

2.同じ装備を複数入手しないと本来の能力が発揮できない!
こうして苦労して手に入れた装備も、1つでは全く用をなしません。というのも、装備には「進化」というシステムが用意されているからです。同じ装備(武器・防具)を2つ集めて合成することを「進化」と呼び、そうすることで数値が上昇したり、新たな能力を手にいれたりできますが、特に問題となる武器の進化システムについて説明します。

各武器にはスキルを装着できるスロットが設定されています。初期状態ではスロットの数は少なく、装着できるスキルレベルも低いですが、「進化」させることで武器の攻撃力、スキルスロットの数・質が向上します。(最大4回可能)

「進化」は一部のやり込みプレイヤーだけがすればいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、実際には無進化の武器はイベントで配布される武器にも劣り、複数回進化させないと満足な能力を発揮できないよう設定されています。 ゲームコンテンツに「マルチプレイ」と呼ばれる4人共闘プレイモードがありますが、高難度のクエストに関しては無進化装備だとほぼ参加できません。「マルチプレイ」がゲーム内で大きな割合を占めるため、そこに参加するために進化必須なのが現状です。


ゲームアプリ運営説明では「同じ武器を引いてしまった際の救済措置」となっていますが、先述したふくびき(ガチャ)確率と合わせ、救済措置どころか多額を要する異常事態となっています。
確率の問題だけで言えば、最大進化までに5つの同一武器が必要なため、30万円×5つ=150万円必要な計算となります。
また「進化」システムは「カード合わせ」には該当しませんが、「複数の同一武器を入手することでスロット数の拡充という対価が得られる」と考えると、「カード合わせ」に類似したシステムと言えると思います。
法の抜け道を巧妙に付いた、悪質性の高いシステムではないでしょうか。

※カード合わせとは

http://www.caa.go.jp/representation/keihyo/qa/cardqa.html



さらにふくびき(ガチャ)画面では、無進化武器のスキルスロットと最大進化武器のスキルスロットを併記しており、射幸心を煽りやすい表示をしています。

「参考画像」

有志の方が画像を保存して下さっていたので、リンクします。

http://qq1q.biz/snDk





3. 有利誤認の可能性がある
※有利誤認とはhttp://www.caa.go.jp/representation/keihyo/yuri.html

最高等級(☆5)の7%でも、排出率に偏りをつけて人気装備が出にくく設定されている疑いがあります。
もともとの排出率が非常に低い(約0.1%)ため有効な検証回数を得るのは困難ですが、web上ではある装備の排出だけが非常に低いという報告が複数寄せられています。
最高等級(☆5)内の排出率内訳は公表されていないことも問題ですし、もし偏りがあるのであれば、ゲームアプリ「グランブルーファンタジー」と同じく有利誤認に当たる可能性があります。



またふくびき(ガチャ)内の広告方法にも問題がありそうです。

その時々の限定装備を大々的に表示していますが、途中に「☆5そうびは、上記のそうびの他にも排出される場合があります」という文言がたった一行だけ記載されています。(上記のそうび=限定装備) その記載以外は、ほぼすべて限定装備の説明・広告となっています。

「参考画像(中段やや上に白文字で表記)」

http://qq1q.biz/snDk

一般的にみれば、限定装備が排出される可能性が高いと想定するような表記ですが、実際には限定装備以外が排出される場合がほとんどです。有利誤認には厳密には当たらないかもしれませんが、当たりやすいと錯覚させうる表記には問題を感じます。



4.確定ふくびきにおける有利誤認の可能性
本ゲームアプリのふくびき(ガチャ)では、「初回10連☆5ひとつ確定」というキャンペーンを行うことがあります。内容は、「期間内の10連ふくびき(10回連続でガチャをするシステム)を行うと、初回のみ☆5がひとつ確定で排出される」というものです。

文言だけ見れば良心的に見えますが、このような報告がありました。

――――――――――

・「初回10連☆5ひとつ確定ふくびき」計453回分のデータを提示
・☆5装備がひとつだけ出現したのは238回(確定枠で排出されたと断言できる)
・この内限定装備が出現したのは2回
・均等排出であると仮定した場合の期待個数はおよそ49.62個

――――――――――

つまり、☆5確定枠で限定装備は本来ならば238回中 約50回出現しなければならないはずであるが、実際には2回しか出現しなかった、ということです。

これが事実であるならば、☆5ひとつ確定と煽動しておきながら、その排出率を操作していたことになります。この点に関しては確かな物的証拠が無いため可能性の範疇を出ませんが、有利誤認にあたる可能性があります。



まとめ
以上の問題点をひとつにまとめると、以下のような図式が浮かび上がってきます。

―――「ドラゴンクエスト」という老若男女に愛されたブランドであるため、たくさんの人が集まってくる。歴代ドラゴンクエストで使用された人気装備が実装されれば、多くの人がそれを求めふくびき(ガチャ)を行う。広告も人気装備を大々的に告知しており、いかにも当たりそうな雰囲気を醸し出している。しかし実際には確率が非常に低く、また運よく入手できたとしても1つでは高難易度のクエストには参加が難しい。運営広告でも最高進化の状態を大きく表示し、さらに射幸心を煽る。そのため2つ、3つと求めてふくびき(ガチャ)を回し続け、気づいた頃には…という形で多額を使ってしまう方が出てしまう。―――

1~4の一つひとつも問題ですが、それらがうまく組み合わさることで非常に高い射幸性を生み出しているように感じます。大人だけではなく、まだ判断力の低い未成年もプレイできるゲームの仕組みとしてはいかがなものでしょうか。



(※1~4に関して、問題点があるという指摘はさせて頂きますが、明らかな違法性があると訴えるつもりはありません。違法性を判断するのは消費者庁であり、本署名を持って消費者庁へ判断を委ねるつもりです。)







このようにゲームアプリ「星のドラゴンクエスト」運営会社は、サービス開始から同様の手法で消費者を軽視していると取られてもおかしくない運営態度を続けています。 運営態度として甚だ問題があると思い、今回の署名活動を起こすに至りました。

本署名活動は返金・課金アイテム返却を求めるものではありません。多額の金銭を要する現状を少しでも改善し、ユーザーが少しでも快適に遊ぶことができる土壌を作ることを第一目的としています。

また今回の署名活動を通じて、本ゲームのみならず今後のソーシャルゲーム業界にも一石を投じることができればと考えております。新興業界のため法整備も甘く、ゲームアプリ運営会社の思うがままにできる現状はいささか問題であるし、正していかなければならないと思います。これ以上の被害者を増やさないためにも、また今後消費者が気持ちよくゲームをプレイしていくためにも、ぜひ賛同をお願いいたします。


本件に関するお問い合わせ先

https://t.co/mNFY8KA4Jc


システム向上を求める会 星のドラゴンクエストの関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。