cat.name
日本薬物対策協会(所在地:東京都新宿区西新宿7-22-31-711、代表者:馬崎奈央)によるニュースリリース・プレスリリースのご案内です。


日本薬物対策協会はこの度、薬物の有害性を直接市民に訴えかけるため、2月20日(土)に新宿区歌舞伎町にて、薬物の有害性について分かりやすくまとめた小冊子を配布するイベントを開催します。


覚せい剤にもNO! 薬物の正しい知識を広めよう!

今月初め、元プロ野球選手が覚せい剤所持の容疑で現行犯逮捕され、世間に大きな衝撃を与えています。薬物の魔の手は昨今低年齢に及んでおり、今年1月には女子中学生が覚せい剤取締法違反(所持・使用)の疑いで20代の会社員男性と共に逮捕されたことが報道されました。この女子中学生は、インターネットのSNSでのやり取りの中でこの男性と出会い、12月頃に家出、この男性と覚せい剤を使用した時期に数日間一緒にいたといわれています。

経済的な困難や家族の在り方の急変などから生きづらさを抱える子供たちが増える中、インターネット上の人間関係に心の拠り所を求める子供たちもいます。このような中、「嫌なことを忘れられる」「いい気持になれる」「スッキリする」などという薬物の甘い誘惑にだまされ、インターネットという手軽なツールによって簡単に薬物に手を出してしまう子供たちが増えることが懸念されます。

そのような中、この度、薬物の有害性を直接市民に訴えかけるため、2月20日(土)に新宿区歌舞伎町にて、薬物の有害性について分かりやすくまとめた小冊子を配布するイベントを開催します。

---------------------------------------------------------------------------------------------

概要:「薬物のない世界のための財団」が発行する薬物の情報小冊子の街頭配布を行います。
目的:薬物乱用が広がる中「薬物にNO!生きることにYES!」という確固たるメッセージを歌舞伎町より発信し、薬物乱用をなくすという同意を一人一人にもたらし、薬物のない社会を目指す。
実施内容:
日時:2016年2月20日(土)13:00-16:00(予定)
内容:「真実を知ってください:薬物」小冊子と、「真実を知ってください:覚せい剤」小冊子を配布する。
場所:新宿区歌舞伎町一丁目 (TOHOシネマズのある新宿東宝ビルの目の前)
主催:日本薬物対策協会
協力:RODORODO


本件に関するお問い合わせ先

http://fdfw.blog.fc2.com/


日本薬物対策協会の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。