cat.name
清田治樹(所在地:鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2737-14、代表者:清田治樹)によるニュースリリース・プレスリリースのご案内です。


マイナスイオンを胸いっぱい吸い込みながら、ボーっとできる場所・・・・そんな場所でのひと時って最高だと思いませんか?そんな本物の至福のひと時を過ごしていただける、ウッドデッキを作りたいと考えています。


日本で一番癒されるウッドデッキを屋久島に作りたい!クラウドファンディングで挑戦中

屋久島の清田治樹と申します。
北海道の故郷を後にしたのは17年前。静岡を経由し屋久島に移住したのが約10年。その間喜びも苦労もいろいろありましたが、今は縄文杉他屋久島の魅力を伝え歩くガイドをしながら、屋久杉でアクセサリーを作り、アクセサリーショップを営んでおります。
いきなりですが、このショップの横に「屋久島で至福のひと時を過ごしていただくためのウッドデッキ建設」を実行しようと考えとクラウドファンディングを利用し、その建設資金の支援者を集うようスタートさせました。

日本で一番癒されるウッドデッキを屋久島に作りたい!

 屋久島は世界自然遺産で、森や海、川・・・本当にいい所ばかりで、その辺一帯が自然の公園みたいものです。ここに住んで居る人ならではの小さな穴場は、無数にあるのですが、自然いっぱいの屋久島ですから、きれいな靴で、きれいな服で車が止められて、気軽に立ち寄れるような休憩場所や、お勧めの場所・・・となるとそう多くはなく、観光のお客様に教えてドライブのついでに行けるような場所はそう多くはないように思います。
 幸い私が建てたアクセサリーショップ(敷地は1500坪)の森とそばを流れる川は、休憩したりお茶を飲んだり、弁当食べたりするには理想的なロケーション。
 屋久島を一周する県道沿いで、車が止められて、川が音を立てて流れ、1m、2mの小さな滝もある。水浴びもできる川のほとりの大きな石に腰を下ろして、お茶を飲んだり、弁当でも食べられたら、もうこんな贅沢な時間はそうそう過ごせない。
 ここに大きなウッドデッキがあったらなあ・・・絶対昼寝でもしたくなるよなあ。と思ったのがきっかけで、

それじゃあ自分で作るしかないかな・・・?

と一念発起したわけです。
多くの人にこの計画を知ってもらいたい。もしこれが配信されたら、屋久島に来た時には立ち寄ってもらいたい。できれば少額でもいいから支援してほしい。これは偽らざる気持ちです。
利益を生まない構築物への金融機関の融資はなかなか理解が得られず、結果難しいという判断に・・・。
クラウドファンディングという方法に一縷の望みをかけ、実行したいと思っております。


本件に関するお問い合わせ先

https://readyfor.jp/projects/yakushima


清田治樹の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。