cat.name
サウナ&カプセル アムザ(所在地:大阪市中央区千日前2-9-17 7F、代表者:洪里 卓志)によるニュースリリース・プレスリリースのご案内です。


季節のお風呂として有名な『ゆず風呂』。今年は『ゆず』と一緒に柑橘類の果実王と言われる『ばんぺいゆ』も湯船に浮べます。


冬至の日、『ゆず』と『ばんぺいゆ』風呂を実施。ゆず風呂に入って風邪予防。

季節のお風呂 ゆず風呂
日本では冬至の日に『ゆず風呂』に入ると『1年中風邪を引かない』という言い伝えがあります。
なぜ湯治にゆず風呂なのかというと、冬至→湯治(とうじ)、ゆず→融通(ゆうずう)をかけた語呂合わせから、『お風呂に入って融通よく行きましょう』という意味があるようです。
もちろん、ゆずがこの時期に旬を迎えることにもよります。
ゆずの精油成分には、みかんの皮と同じく血行を促進させる働きがあり、お風呂に入れると身体を芯から温めます。新陳代謝も活発になるので、疲れや痛みもとれ、冷え性にも効果があります。
どの温浴施設でもゆず風呂は実施されるとは思いますが、当店では柑橘類の果実王と言われるばんぺいゆも湯船に浮べます。
晩(熟期が遅く)、白(果肉が白い)、柚(丸い柑橘)というのが名前の由来です。この果実の大きさと香りがお楽しみいただけます。


本件に関するお問い合わせ先

http://www.daitoyo.co.jp/amza/


サウナ&カプセル アムザの関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。