cat.name
ユースフォーヒューマンライツ (所在地:東京都新宿区、代表者:宮地)によるニュースリリース・プレスリリースのご案内です。


「自殺」などの命や心身に重大な被害があった学校現場での深刻ないじめが問題となる中、ユースフォーヒューマンライツは世界人権デーを記念していじめを撲滅していくための署名活動を行います。


世界人権デーを記念して街頭署名を開催します

昨年度における、「自殺」などの命や心身に重大な被害があった学校現場での深刻ないじめが報告されている中、ユースフォーヒューマンライツは世界人権デーを記念していじめを撲滅していくための署名活動を12月5日(土)新宿区で行います。
(後援:サイエントロジー東京)

文部科学省は、「自殺」などの命や心身に重大な被害があった学校現場での深刻ないじめが、昨年度は93件に上ったことを、2日に開かれた有識者などの会議で報告し、出席した委員からは、学校現場がいじめを見落とさないよう促す対応を求める意見が相次ぎました。

このような中、教育現場で世界人権宣言を通したリーダーシップ育成を行う非営利団体「ユース・フォー・ヒューマンライツ」は、教育を通して若者たちを平和と寛容について啓発することを訴えるため、街頭の署名活動を12月5日(土)朝10時より行います。

※ユース・フォー・ヒューマンライツ インターナショナル(Youth for Human Rights International: YHRI)は、教育者であるマリー・シャトルワース博士によって創設された非営利団体です。
ユース・フォー・ヒューマンライツ インターナショナルの目的は、青少年を人権について、特に国連世界人権宣言について教育し、彼らが寛容さと平和の支持者となるようにすることです。今日までに、ユース・フォー・ヒューマンライツ インターナショナルは世界的な運動に発展し、世界中に何百ものグループ、クラブ、支部があります。米国の人道主義者ロンハバード氏の「人権は理想的な夢ではなく、実現しなければなりません」という言葉に基づいて活動をしています。


本件に関するお問い合わせ先

http://jp.youthforhumanrights.org


ユースフォーヒューマンライツ の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。