cat.name
吉野町地域おこし協力隊(所在地:奈良県吉野郡吉野町上市2060-1、代表者:不明)によるニュースリリース・プレスリリースのご案内です。


アラサー移住女子トリオが語る!「奈良暮らしのススメ」が東京都中央区の奈良まほろば館で開催されます。移住組の日々の暮らしを聞くことができる珍しい講座です。


アラサー移住女子トリオが語る!「奈良暮らしのススメ」開催!

アラサー移住女子トリオが語る!「奈良暮らしのススメ」
2015年12月4日(金) 19:00~(1時間半程度)
会 場 : 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
定 員 : 70名(先着順)
申込方法 : ハガキまたはFAX、奈良まほろば館ウェブサイト申込フォーム

県外から移住してきた私たち3人は、奈良で元気に暮らしています!
家賃が安くて治安も良い奈良は、本当に住みやすいまち。
有名社寺に囲まれ、古事記や万葉集の舞台は普段のお散歩コース。
ときどき都会で遊びたくなったら大阪まで電車一本という便利さ!
四季折々の花の写真を撮り歩き、のんびりお寺にお参りしたりして過ごす日々は、ほぼストレスフリー。
そんな私たちの毎日を語ります。
奈良が好きすぎるアナタも、私たち移住組の仲間入りをしませんか?

安達 えみ
静岡県浜松市出身。美大卒業後、株式会社ガイナックスに入社。
同社制作のアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」すら見たことがない状態で、4年間制作現場で勤務しました。
その後、地方活性化に興味が出て来たため転職を考えるも、なぜか同社内で鳥取県の町おこしプロジェクトがスタートしたため、部署移動で済むといったことも。
2014年春、諸事情により同社退社。無職になったところに大阪でのバイトの話が舞い込み、「勤務地は大好きな奈良が近いよ」という甘い言葉につられて奈良へ移住。
大好きな仏像や奈良をPRするため『塗仏商店』という屋号で活動中です。

古賀 文子
大阪府茨木市出身。大学で英米語学を専攻し、卒業後はアメリカへ。
帰国後、OL生活を経て、ホテル業に転職。沖縄・長崎・奈良のホテルでコンシェルジュなどをしていました。
2014年4月に地域おこし協力隊として吉野町に移住し、吉野ビジターズビューローで旅行企画主任として勤務中。
深いご縁を頂いた大好きなお寺・吉野山の金峯山寺蔵王堂にしょっちゅうお参りする毎日を満喫しています。
また、安達さんと二人で立ち上げた「なら縁巡プロジェクト」で、マップを発行したり、連続講座やグッズの制作といった活動もしています。

藤井 麻代
東京都三鷹市出身。自然が好きで、前職では上高地や尾瀬の案内施設で自然に親しむための情報提供や自然ガイドとして勤務していました。
2015年4月から吉野町地域おこし協力隊として移住し、吉野ビジターズビューローで観光業に従事。
いつか田舎に暮らしたい、という思いを今年ついに実現させてしまいました!
関西圏に住むのは初めてですが、これまで自分が経験してきた文化や風景ががらりと変わり、毎日が新鮮です。



本件に関するお問い合わせ先

http://www.mahoroba-kan.jp/


吉野町地域おこし協力隊の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。