cat.name
D2Dインターナショナル株式会社(所在地:千葉県船橋市駿河台2-26-2、代表者:シャアモヒウディン)によるニュースリリース・プレスリリースのご案内です。


バングラデシュ伝統刺繍「ノクシカタ」の経済的価値を上げ、縫子の女性達ので自立を支援したい。ソーシャルビジネス団体iimonがクラウドファンディングでの80万円の資金調達に取組む。締切は11月23日。


ノーベル平和賞受賞者も注目するソーシャルビジネスがサポーターを募集

色鮮やかなシルクの民族衣装の布地を使った伝統的刺し子刺繍の「ノクシカタ」ストールやバングラデシュ版手拭い「ガムサ」などを日本で販売するiimonが現地でのオンライン販売開始に挑戦します。iimonで作ったガムサは2014年より日本最大級の野外フェスティバルであるフジロックの公式グッズとしても採用されるなど、バングラデシュの伝統的手工業の雇用確保に貢献してきました。

今回バ ングラデシュの富裕層にへ向け、日本で販売しているものと同じデザインのノクシカタのオンライン販売を開始することでその可能性と労働対価への認識 を現地から変えていくのがこのプロジェクトの目的です。プロジェクトの遂行に必要な資金の一部をクラウドファンディング「Readyfor」を通じて集めます。
クラウドファンディングとは、不特定多数の人が主にインターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語。ある「志」を持った団体に賛同する不特定多数のサポーターから資金を調達する新しい仕組みです。

ノクシ-カタは直訳すると「デザイン(された)刺し子の布」という意味で、古くなった服などを何枚も重ねて刺し子を施し、ブランケットやベッドカバー、おくるみなどに 仕立てたもの。化学繊維の毛布の台頭で作り手は少なくなっています。

ク ラウドファンディングで得た資金では、オンラインショップの開設と商品運搬用スクーターの購入・ドライバーの雇用を予定。スクーターには大きめのキャリアボックス を取り付けることで商品の搬入・搬出として使うとともに、材料となるシルクサリーの買い付けにも活用します。

イスラム教徒が8割以上のバングラデシュでは女性が男性の付き添いなしに遠くまで買い物に 出ることはありません。工房から離れた場所にある材料の買い付けや、ミシン用パーツの購入などの日々の運用も、男性のドライバーを雇用することで格段に柔軟になります。郵便事情が世界最悪とも言われるバングラデシュでは、渋滞もひどいため、大きなキャリアボックス付スクーターでのデリバリーは取得費・燃費・スピード・運搬能力を兼ね備えた、現時点でもっとも理想的なツールです。

高い技術力と経験を持った縫子さんが一日8時間働くならば、現地の高卒初任給くらいの収入があるべきだと思いませんか?iimonがベテランの縫子さんに払っている月給(週6日・8時間労働/日)は一般的なNGOが支払っている対価に対し、約2~3倍。これはバングラデシュでトイレ・キッチンが共同の集合住宅での一部屋分の家賃+家族4人分の食費を何とか捻出できる程度の金額です。

この取り組みはノーベル平和賞のユヌス氏もご注目くださっています。ユヌス氏はマイクロクレジットで有名なグラミン銀行を創設しただけでなく、バングラデシュ出身であり、その実態をよく知っています。そのユヌス氏が自身主催のSocial Businessの会議に招待するなどiimonの取り組みに一定の評価をしてくださっています。

「バ ングラデシュの富裕層には海外経験のある子息を持つ家が多く、日本で受け入れられた新しいデザインのノクシカタやガムサはスクーターを使ったオンラインショップと共に新鮮なものとして十分理解されると考えています。」シャアジャハン(iimon代表)。

ファンディングに協力したサポーターには、「ガムサ」や、シルクのノクシカタ・ストールなどに加え、実際の縫子さんとの会話してオリジナル製品を作るといった特典が用意されています。

※プロジェクト/特典の詳細とサポーターになるための手順はReadyfor(https://readyfor.jp/projects/iimon)にてご確認ください


本件に関するお問い合わせ先

https://readyfor.jp/projects/iimon


D2Dインターナショナル株式会社の関連ニュースリリースはこちらをご覧ください。